2011年05月

2011年05月31日

pic761human:通行人


2011年05月30日

sanpo624(2010/07)
どこまで続く道なのだろうと、どんどん奥へ入ってみた。
今まではほぼ真っ直ぐな道が続いていたのだけれど、ここから先は曲がりくねっている予感。
左側の白い小屋は、カラスに荒らされないようにしたゴミ置き場だ。


2011年05月29日

pic760objective:そこに在る物


2011年05月28日

sanpo623(2010/07)
暑い中を少年が自転車を必死にこいでやって来た。どこまで行くのだろう。
左側に写っている建物は谷起島公民館。この地区の集まりごとに使える集会場だ。


2011年05月27日

pic759landscape:路面電車


2011年05月26日

sanpo622(2010/07)
谷起島西方から川を挟んで南側を眺めてみたら、そこには萩荘小学校が在った。
地図で確認すると、その一角には給食センターもあるらしい。
川に降りれるように階段もあったりして、遊ぶのにはもってこいだ。(笑)


2011年05月25日

pic758human:ウィンドーをのぞく


2011年05月24日

sanpo621(2010/07)
谷起島西方から東へ走るメインストリートから、南側に入る路地を眺めてみた。
すぐそこの突き当たりの下は崖になっているのかな?


2011年05月23日

pic757human:親子


2011年05月22日

sanpo620(2010/07)
この辺は新しい家が多い。
どこかの業者が分譲でもしたのであろうか、新興住宅地のようである。
左側の自動販売機の後ろの建物は喫茶店である。近所の人たちが世間話に花を咲かせるような感じの喫茶店であるが、入りそびれてしまった。(汗)


2011年05月21日

pic756human:待つ


2011年05月20日

G12のバッテリーの持ちがすごい。
とうていD1Hでは考えられない。
というか、比較するなっていうことなんだろうけど。

詳しい規格とか理屈は分からないんだけど、G12のバッテリーを充電したのはもう1ヶ月以上も前。
自分の撮影枚数はたいしたことが無くて、100枚も撮っていないと思う。

だけど、未だにディスプレーのマークでは満タン状態。
D1Hだったりすると、放っておくと1週間ぐらいでバッテリーが自然放電してしまっているよ。(汗)

バッテリーが長持ちということは、いつ取り出して撮影しようと思っても大丈夫。
少なくても自分の使い方の範疇では、バッテリーのことはそれほど気にしていなくても良いので助かるよ。
D1Hも、バッテリーがうんともってくれると助かるんだけどなぁ。

次買う一眼は、G12のようにバッテリーが持ってくれるといいな。(笑)


----------------------------------------


【送料無料】 Canon PowerShot G12 (1000万画素/光学5倍ズーム/2.8型バリアングル液晶)【smtb...


sanpo619(2010/07)
住宅地が広がっていると思わなかったので、予定から外れて谷起島西方の十字路から東方面に入ってみた。
少し進んだところにバス停があるのにもビックリした。
ここを走っているのは一関市で運営?している「菜の花バス」らしい。


2011年05月19日

pic755landscape:通り過ぎるバス


2011年05月18日

sanpo618(2010/07)
赤子橋から赤荻方面へ、割と急な上り坂を登ったところの十字路から、西方面を見ている。
こちら側にはあまり住宅は無いようだ。
ここを西に向かっていったらどこへ行くのだろうか?



2011年05月17日

pic754landscape:ウィンドー


2011年05月16日

sanpo617(2010/07)
赤子橋から赤荻方面へ、割と急な上り坂を登ったところの十字路から、東方面を見ている。
こっちの方向に住宅街が広がっているとは思わなかった。


2011年05月15日

pic753human:携帯中


2011年05月14日

sanpo616(2010/07)
赤子橋から赤荻方面へ、割と急な上り坂を登ったところの十字路から、下(南方面)を見ている。
この坂の両側を見ると、傾斜のきつさが分かるのではないかな。


2011年05月13日

pic752human:親子


2011年05月12日

sanpo615(2008/09)
過去に載せ忘れていた「山目才天」の風景である。
この東北ヘアモード学院というのは、昭和24年に「東北高等美容学校」として開校したという。
実はここに学校があったと知ったのは、本当につい最近になってからだった。(汗)


2011年05月10日

pic751landscape:地下への階段


2011年05月07日

sanpo614(2009/05)
赤子橋を渡ってすぐのところに立て看板があった。
なにやら「急傾斜地崩壊危険箇所」という、危なげな場所らしい。
しかし、そのすぐ側まで住宅が迫っている。台風などの大雨のときに避難したというニュースは聞いたことが無いのだが。


pic750human:バスを待つ人達


2011年05月06日

sanpo613(2009/05)
この先が短い赤子橋という橋なのだが、その下を久保川が流れている。左側が上流、数キロ流れて磐井川と合流する。
そして一段高くなって、また平地がある。


2011年05月05日

pic749objective:そこに在る物


2011年05月04日

sanpo612(2009/05)
ちょうど萩荘幼稚園のしたあたりになる。
この辺も住宅地になっているのだなぁ。もっと閑散としていると思っていたのだが、そうではなかった。


2011年05月03日

pic748objective:そこに在る物


2011年05月02日

sanpo611(2009/05)
ちょうど中学校の下である。
やや広くなった部分が、ちょうどいい駐車場になるのだろう。きっと学校で行事があるときには満車になるに違いない。
道の両脇には桜の並木が続いている。桜の季節だったら、きれいだっただろう。


2011年05月01日

pic747landscape:裏通りの風景


とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ