2018年12月

2018年12月26日

子供の頃、憧れのお兄さんだった。彼には私よりもも2つ年上の弟がいた。
けれど弟さんよりも彼のほうが小さな子供達の面倒見が良かった。
その頃は、今の子供たちと違って遊ぶときは縦社会なのだ。
もちろん同級生のつながりもあったけれど、必ず年上の人たちに混じって遊んでいたものだ。
私は彼から7つや8つぐらい下で、味噌っかす的な存在なので、いつも彼らの後を必死になって追いかけていた。
私はひょっとしたら、その縦社会の末期の存在ではないのかなぁと思う。
幼稚園の頃には、手先が器用だったのだろう、ソリや竹スキーを作ってくれた。
当時は今よりも雪が多かったので、家の裏坂や少し離れた山の斜面などで、良く滑ったものだ。
もっとも彼のお父さんは竹細工で、何かを作っていたのだから、血筋かもしれない。
また、機械物にも詳しかった。もちろん車やバイクなどという大人の遊び道具ではなく、自転車という子供にとっての唯一の移動手段。
彼の庭には彼専用の自転車小屋という名のガレージがあり、その壁には自転車いじりに必要なレンチやスパナなどの工具類が掛けてあった。
そうしてコツコツと自分の自転車を修理したり、改造したりして乗っていたのだと思う。
私が初めてサイクリングらしいことをしたのは、小学校の1年か2年だったと思う。
自宅から7〜8Km離れた平泉町の中尊寺までの往復だったが、そのサイクリングを企画して連れて行ってくれたのが彼である。
そして、運動神経も抜群だった。私が小学校に入った頃には、彼は中学生になっているのだが、多分体操部に入っていたのだと思う。
時々以前と変わらずに遊んでくれたのだが、時々前転から側転、そしてバク転・バク中という連続技を見せてくれた。
もうこれだけでも、彼は私たち小さな子供にとっては、憧れ以上のスーパースター的な存在である。
その後、結婚して元の自宅で暮らしていた。けれど、その家が狭いこともあってか、どこかに家を建てたのであろう。
ここ10年ぐらいの間に引っ越してしまっていて、気がつくと元の自宅は更地になっていた。


----------------------------------------


b_alembic
またバンドでベースを弾くことになって、改めて自分のベース見たら、あちこちに不具合。(汗)
あぁ、ケアしないと。
ネック、ペグ、電装系。
リペアショップに持ち込みたいな。

いろいろ手を入れたいところが出てくるよ。(汗)


----------------------------------------


2018年12月23日

学校を卒業して就職したのは、非破壊検査業という職種の会社であった。
会社訪問、面接の時に業種や会社の説明を受けたのだけど、実際に就職してみるまではどのような仕事内容なのかも知らなかった。
非破壊検査:ウィキペディア
簡単に言ってしまうと、検査対象を壊さずに内部を検査するということになるのかな。
その会社は、X線、超音波探傷、磁気探傷を行っていた。検査品目としては他にも歪などがあるのだが、勤めていた会社では行っていなかった。
その会社は検査対象としては、ほとんどが溶接線で、水道管、ガスタンク、石油タンク、燃料配管などであった。

仙台での細かい現場をいくつか経験した後に、先輩と二人で青森ガスの球形タンクの溶接線X検査をした。
その現場は準大手の鉄鋼メーカーが元請となっていて、自分の会社は孫かその下の請負であった。
全数検査だと、X線フィルム何枚になったのだろう。
数十枚ごとに現像し乾燥させておく。何日かに一度、フィルムを検査し不良箇所は溶接の手直しをさせた。
もっとも自分の作業は検査箇所へのX線フィルムの貼り付けと回収であり、まだ検査補助員というような感じである。
大きな構造物ではその外側と内側に分かれての作業となるので、軽く叩いて何種類かの合図を出す。それに併せて、片方はX線装置を設置したり移動させたり、X線を照射させたり。また片方はフィルムを所定の位置に合わせ貼り付けたり、回収したりである。
時々やらかしてしまうのが二重露光。一度照射させてしまったフィルムを間違えてまた撮影に使ってしまうことがある。
それを防ぐためにはがしたフィルムの置き方に工夫をするのだが、ついついうっかりをやってしまう。
その度に撮影しなおしになってしまう。

その現場で知った専門用語というか通り名がある。
※溶接屋さん:電気屋 そのぐらいの規模の溶接は電気溶接であり、電気を扱うから
※グラインダー、バフ掛けをする人:鍛冶屋 グラインダーで火花を飛ばしているから・・・かな。
※検査屋:レントゲン屋 X線検査をするから

aogastank
青森ガス球形タンクその球形タンクを再び見てきた。
ずっと忘れていたのだけれど、青森のライブフェスに行った時に思い出した。
大体の場所は覚えていたが、当時の風景とは結構変わっていた。
偶然、ガス器具などの展示会ということで、ガスタンクの設置されている一画もじっくりと見ることができた。あれから何十年もここに建っていたのかと思うと懐かしいく思えてくる。(笑)

大分仕事にもなれ、X線フィルムによる検査の判断も出来るようになったころに、大きな現場を経験することになる。
当時は宮城県の七ヶ宿ダムから仙台へ水を供給するための大規模な水道施設が整備されていた。
七ヶ宿ダムの麓の白石市辺りでは直径250cmなどという、普通には考えられないような水道管が東北自動車道に沿って埋められている。
直線的な部分では1本が20mぐらいの大きな管が何十、何百本と埋設されている。
この水道管を溶接で接合させるのだが、その溶接部も検査対象である。
その検査のリーダーを自分が勤めた。
若い連中を2、3人連れて、毎日仙台から白石まで通った。
溶接の進み具合で日に3リング、多くても4リングのX線撮影をし、その場で現像、不良箇所のチェックである。
工事は県との入札での契約だったが、現場での溶接部門との契約もあった。順調に工事が終了したときの値段としては入札金額なのだが、溶接の検査としても契約が発生する。
つまり、たまたま腕の悪い溶接屋さんを雇ってしまった場合には、溶接部門へのやり直しが発生する。
その度に再検査になるので、その分はうちの会社の儲けになる。逆に言えば溶接部門の損ということになる。
自分が担当した1工区目は溶接屋さんがひどかった。
なので、工事が進まない。うちの会社はある程度利益を出すことが出来たのではないかな。
何ヶ月か後に担当した別の工区では、さすがに溶接屋さんも腕の良い人をそろえた。儲けは入札で受注した分しか無かったはずだ。(汗)

その他にも、自分が在籍していた2年間では、色々な現場、貴重な体験をした。
宮城県角田市のロケットセンターの燃料噴射試験装置、岩手県営球場の照明塔の支柱、むつ・小川原石油備蓄基地の煙突、ざっと上げただけでもかなりの大きな施設になると思う。
懐かしいものばかりである。


The End.


----------------------------------------


20181221133054
2曲目も何とか見通しが立ったので、昨日から3曲目に挑戦。
最初に考えていた曲は、ちょっと難易度が高かったので、少し難易度低いのに変更してもらったよ。
てことで、明日の休みは3曲目のコピーからいく。(笑)


----------------------------------------


2018年12月12日

2002/02/20(Wed)
2月の頭に新旧トータルで10000ヒットを達成しました。
これも拙いホームページにもかかわらず見回ってくれる皆さんのおかげと感謝しています。(謝)
掲示板もほとんどが常連さんなのですが、それでも途切れずにスレッドがたっているというのは管理人として本当にありがたいことだと思っています。
公開してる以上は色々な人に見てもらいたいと思っていますが、管理人のセンスの無さが思いっきり表れてます。どうぞ遠慮なくご意見・アドバイスを頂けたらと思います。(願)

今週末からやっとフレッツADSLに切り替わる。
一関はだいぶ前からフレッツの対象地域になっていたのだが、市街地でもどういうわけか家の局番ではサービスは開始されていなかった。
モデムとスプリッターは届いて、NIC(LANカード)も準備した・・・けど、セットアップマニュアルが届いてないぞぉ。やっぱりこれが無かったらセットアップはできないよねぇ?
おいおい、どうしたんだぁ・・・NTT。

結局田中真紀子さんは引きずり下ろされてしまったねぇ。
もうちょっと頑張ってもらいたかったんだけど、さすが外務省・・・中々なもんだ。
次の大臣はちょっとインパクトが弱い感じがするんだけど、用意周到にして外交はもちろんなんだけど、国民の納得できる外務省を作ってもらいたいよ。

先日親戚の葬儀で神奈川県の川崎市に行ってきた。
20年も前にその家にちょっとの間居候したことがあるんだけど、川崎もずいぶんと変わったんだね。駅があんなにでかくなってるとは思わなかったなぁ。
街中を歩いたわけじゃないからよく分からないんだけど、それでもずいぶんと変わってるような気がした。まぁ20年じゃ当たり前か。
それにしても、駅前の「ヨドバシ」にはちゃんと入っちゃうところはもって生まれた性なんだろうか。(笑)
あっ、それと途中東京秋葉原への聖地巡礼も忘れてません。(汗)


----------------------------------------


20181212083253

昨夜、雪が降ったよ。
でも、それほど降り続いた訳ではなさそう。
15cmぐらいかな、車の屋根で。

でも、今日の日中はそれほど寒くはなさそうなので、降った雪は溶けそう。
怖いのは今日の夕方から路面が凍ること・・・。(汗)


----------------------------------------


2018年12月10日

sanpo820
(2013/11)
また上りである。(汗)
写真でも分かるように道幅も狭くなっているが、歩道が片側であるけれどもしっかりと付いているので助かる。
ここはひょっとしたら通学路にもなっているのかな。


----------------------------------------


20181210214852
今晩は焼酎をお湯割りで。

麦だったかな。
ボトルに残ってたのを飲んでる。
黒糖を買ってきてあるけど、麦が無くなってからね。


----------------------------------------


simple_hama at 22:08コメント(0)

2018年12月06日

[磐井川堤防の拡幅工事]
itk0146
明日への記憶itk0146
(2013/05/12 Sun)


----------------------------------------


20181206152840
今日は風邪の調子が良くなったので、昼間に練習した。
中々前に進まないけど、コードスコアもらったりしながら、ボチボチとやってる。
宅練の環境が整うといいんだけどなぁ。
開始するまでのセッティングが疲れるよ。(汗)


----------------------------------------


2018年12月04日

pic1071
clouds in the sky:雲の形


----------------------------------------


20181130101839
11月の末、東京出張だった。
目的地はお台場と豊洲の間、国際展示のの辺り。
セミナーだったり、展示見学、メーカーとの挨拶。(笑)

今回も、色々と勉強になったよ。


----------------------------------------


ちょっとした文章を書いたり、ネットを徘徊したりするマシンが欲しくなった。
しかも、少し小さめのやつ。
ちゃんとキーボードで文字が打てる、ツールが使えるとなると・・・やっぱりWindowsマシンって事になるかな。
----------------------------------------
・ちょっとお姿
surfacego
Surface Go(128GB) MCZ-00014
(2018/09/04〜)
小さめのマシンが欲しいと思っていた。
今回は、できればWindowsマシンがいい。
そんなことを思いながら探していたら、ちょうどSurface Goが発売になった。
Microsoftかぁと思いながらも、他のメーカーのにはちょうど良い具合のがない。
ディスプレーが大きかったり、重かったり、高かったり。
ベストなものはないのだろうけれど、今時で一番良さそうなマシンだと思った。
CPUのスペックからは、それほどの動きは期待していないし、そんな使い方もしない。
ネットを徘徊するとか、文章を書くとかが、ちょうどいい使い方になるだろうな。
----------------------------------------
OS:Windows10 Home 64bit フルバージョン
CPU:Pentium Gold 4415Y
メモリ:8GB
ストレージ:128GB SSD
ディスプレー:液晶サイズ 10型
      :液晶種類 1800x1200
----------------------------------------



20181204111242
午前中、晴れそうな空だったんだけどなぁ。
午後は曇ってしまったよ。。
残念。


----------------------------------------


とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ