2019年12月

2019年12月30日

2002/10/20(Sun)
今日は午後から仕事、どんよりと曇ってて雨もパラつき仕事にはもってこいの天気だ。(涙)

ノーベル賞、今年は日本から物理学賞と化学賞で2人が選ばれた。これは日本では初めてのことだという。
物理学賞はあのカミオカンデを造った小柴さんで、まぁもっともな人が選ばれたという感じだ。しかし化学賞の田中さんは研究者ではあるがいっかいのサラリーマンなのである。
この人の面白いところは、全然ノーベル賞受賞者という感覚が無いところだろう。
会社からの報奨金の額にびっくりしたり、役員待遇への特進を遠慮がちに断ったりと・・・。自分の好きな研究さえできればそれでいいという感じなのだ。
ニュースで見ていて全然おごりとか威張ったところが見られないのである。(笑)
いいなぁ、こんな研究者が日本にもいただなんて。

最近会議に招集された時の話しである。
役員から「ユビキタス」の言葉が出た時はびっくりした。(笑)
ちょっとは世の中の事にも目を向けているのだと安心もしたのだが、突然「ユビキタス」に付いて説明を求められて、出席者に何とか納得してもらう事ができた。
簡単に、乱暴に言ってしまうと「いつでもどこでもコンピュータ」なのである。
いよいよ、いい時代がやって来るという感じなのだが、ちょっと人間性を失ってしまうかもしれない危険性もはらんでいるのでは無いだろうか。
とは言っても、その昔工業化が急速に進んだ時にも同じような事が言われたような気がする。いや、社会の教科書にも載っていた。「人間疎外」と。
確かにエアコンを外から操作して部屋にたどり着いた時に涼しかったり温かかったりしたら気持ちいいかもしれない。
また部屋にヘトヘトになってたどり着いた時には、お風呂のお湯がほどよい具合に湯船にたっぷりと入っていたら仕事の疲れも癒されるかもしれない。
それはそれでいい事なのかもしれないが、なんだか心の中に引っかかるものがあるのだ。
しかしながら、電気ポットのお湯の具合を離れたところから監視して、お湯の使われ方・・・すなわち離れた人の生活の状況が把握できる事を利用すれば、離れたところに住んでいるお年寄りが元気に生活しているかどうかが分かるというのはいいかもしれない。

昨日、休みだったので久しぶりに海に行ったのだが、どこのポイントを回っても乗れるような波が無いのである。(涙)
せっかく1時間もかけて海まで行ったのに。
仕方ないのでちょっと遠まわりをして、港に行ってみた。
何が幸いするか分からないもので、偶然サンマ漁船の水揚げに出くわした。
ニュースではよく見るのだが、実際の作業風景に立ち会うというのは初めての事だった。
カメラを持って行ってたので、その現場を撮ったのだが、どうも自分自身が興奮してしまったようで、後から撮影結果を見たら思ったようなカットになっていなかった。
やっぱり写真を撮る時にはもっと冷静でなきゃいけないなぁ。(汗)

20191227094456
ネコさんはどうしてこういう狭いところが好きなのかなぁ。
買い物かごをちょっと横にしてやっても、ササっと入って丸まってる。
あまり自分の部屋には入ってくることが無かったけど、ストーブ点いて暖かいからか、最近は時々来ることが多くなったな。(笑)


----------------------------------------


sanpo832
(2013/11)
この辺りの地名がはっきりしない。東北大理石という石屋さんの先の付近である。
そして上りもちょっときつくなっているが、その上りももうすぐに終わりである。


----------------------------------------


Simple Hama
【サイト更新です】


「マイ・ツール」をアップしました。


----------------------------------------


2019年12月27日


[磐井川堤防の拡幅工事]
itk0151
明日への記憶itk0151
(2013/05/12 Sun)



----------------------------------------

20191227194328
ファンヒーターが壊れた。
なので、新しいのを買ってきた。
寒いのは嫌だからさぁ。(汗)

使ってたやつは10年経ったけど、それと型が同じモデルみっけた。(笑)


----------------------------------------


2019年12月26日

pic1085
landscape:進入禁止


----------------------------------------

20191226110849
これは、同じやつなのかな。
殻を割るツールが同じの入ってるから、やっぱり同じなんだろうな。
味は変わらないけど、ちょっと堅めで殻が割りづらい気がするけどなぁ。
目の前にあると、ついつい食べちゃうな。(笑)


----------------------------------------


2019年12月19日

D  XIII (1997年4月製)
zippo30
死ぬまでスノーボード・・・。(笑)
俺はスノボをしないので、どうっていうことは無いが、今まで最低の値段(500円)でゲット。送料の方が高かった。
前の所有者であろうか、裏面に「1998 7 26」と傷つけてある。購入した日付なのかもしれない。
・・・・・。(笑)
何回か使っているうちに骸骨に愛着がわいてきた。
結構お気に入りかも。(汗)


----------------------------------------



20191219162705
こんな絵葉書が、同僚の机の引き出し奥底から出てきた。
いったい誰が入れてたんだろう・・・。
前に自分が使ってた机なんだけど、自分も知らない。
自分よりもずっと前に使ってた人が入れたんだろうな。

で、ドイツのメーカーらしい。
ワーウィックの創業者の親父さんが起こしたメーカーらしい。


----------------------------------------


2019年12月18日

2018/10/24
SadowskyMet
Sadowsky Metro Line RV4 ウィル・リー モデルである。
タル・ウィルケンフェルドのメインベースがサドウスキーだったから、ずっと欲しいと思っていた憧れのベースである。
できれば木目のナチュラルが欲しかったと思っていたけれど、この目を引くきれいな深みのあるグリーンも中々捨てがたい。いい色だ。
色々なラインナップがあるが、メトロ・ラインという世界戦略のためのラインナップらしい。ウィル・リーというミュージシャンは良く知らないけど、とにかくサドウスキーを弾いてみたいと思っていた。
けれど、バンドも中途半端になってしまったりして、もうそれは無いだろうなと思っていたら、三度バンドに誘われて弾くことになった。そして、たまたまだけど、良さそうなこのベースが売りに出ていたのだ。
少し音を出してみたけれど、弾きやすいのはもちろんだが、ブリブリとした張りのある音で、新しいバンドの色に合っているんじゃないかとも思う。
早くライブでブンブンと振り回してみたいものだ。(笑)

・ちょっと能書き
Sadowsky Basses Metroline RV4 Boasting
Sadowskyの世界戦略モデルMetrolineシリーズは世界中のプレイヤーをターゲットに長年の研究開発を経て完成されたグローバルモデル。
Sadowsky Guitarsの新たな挑戦を体感できるラインアップです。
MetrolineシリーズはSadowsky NYC Bassの基本的なモデルをすべてラインアップし、更に搭載されているピックアップ、プリアンプ、ブリッジなど、Sadowsky NYCと同じパーツが使用されています。

・RV4 DESCRIPTIONS
  Sleek undersized J body shape
  Solid alder body
  Thicker headstock and graphite strips dramatically reduce dead spots and create a more even response on every note
  Rosewood fingerboard
  1.5” or nut width on 4-string
  21 18% nickel/silver frets .094″ wide x .051″ high, maximum hardness
  Custom Gotoh/Sadowsky tuning gears on 4 string
  Sadowsky Humcancelling J pickups (60’s location)
  Classic Sadowsky Treble and Bass boost pre-amp with true bypass switch
  Controls:master vol, pickup blend, treble roll-off (VTC) with pre-amp bypass, bass boost, treble boost
  Sadowsky bridge with quick release
  20mm 4 string bridge spacing

・COLOR:Sherwood Green(SWG) / Parchent

・SPECIFICATIONS
  Body:Alder
  Body Shape:Dinky
  Neck:Maple
  Fingerboard:Rosewood
  Tuner:Sadowsky 4string Tuner
  # Of Fret:21
  Fret:Sadowsky Standard (Radius 12″)
  Trussrod Nut:Spokewheel Nut
  Pickups:Sadowsky Humcancelling J
  Preamp:Sadowsky Standard Bass Preamp
  Control:Master Vol / P.U.Pan / Passive Roll Off Tone
  (w/Pull Switch for Preamp Bypass) / Treble & Bass
  Bridge:Sadowsky 4string Bass
  Strings:Sadowsky STRINGS SBS45 Blue
  Case:Sadowsky Semi Hard Case
  Price:・・・・・・

----------------------------------------


Simple Hama
【サイト更新です】


「一枚の写真」、アップしました。


----------------------------------------

2019年12月08日

言 葉
=:こしぇる

意味(ニュアンス)
=:作る

用例・用法
=:早ぐ飯、こしぇでけろ

解説(解読)
=:早くご飯を作ってください

備 考
=:こしらえる


----------------------------------------



20191208002223
仕事行く途中、時間も無くて・・・。
いつもの酒屋の駐車場が一杯で車を止められなかったから、いつものターキー買えなかった。
なので、会社近くのドラッグストアに寄ってこいつを買って帰った。
店では飲んだことはあるけど、買ったのは初めてかもなぁ。。


----------------------------------------


2019年12月07日

苗字のほうは佐藤だったか鈴木だったか、はっきりとは覚えていないな。
初めて就職をした仙台の検査会社の事務員さんだった。
4月から働き始めてたのだけど、前年10月ごろに会社訪問をした時にはいなかった。
半年間のうちに事務員さんが入れ替わっていてびっくりしたが、少し若くなっていたので嬉しかった。(笑)
後で聞いた話では、会社訪問の時にいた事務員さんは、社員の奥さんで出産のために退社したとのことだった。
新しい方の事務員さんは、物静かであまり余計なことをしゃべらないタイプの女性だった。
自分が在籍した2年間で、交わした言葉は100も無いかも知れない。
こちらから話しかければ、ちゃんと話し相手にもなってくれるしほほ笑んでもくれた。
社員が10人程度の小さな会社だったので、時々事務所で2人きりになることがあるけれど、それでもワイワイと話しをしたという記憶はない。
いつも静かに仕事をしている印象しかない。
彼女の受け持ちは経理や雑務だったので、自分たちの現場仕事とは全く異なっていた。
時々大きな経理事務所へ出向いて仕事をしてくることもあった。
実家は八木山の麓にあるって、お祖母さんは古川に住んでいると聴いたことがある。
古川は駅の近くに家があったので、もし古川にいれば駅から大きな声で呼ぶと聞こえるかもと珍しく冗談を言ったことを覚えている。(笑)
自分より先に退職したのかは覚えていない。でも、彼女の送別会をしたという記憶が無いので、辞めたのは自分よりも後なのかも知れない。
今はどうしているんだろうなぁ。


----------------------------------------


20191206230657
自宅の階段につまずいて転んだ。(汗)
いつもはつまずいても片手が先に出て大丈夫なんだけど。
今日はコーヒー入りのカップとポット、グラスを持っていて両手ともふさがってた。
で、ちょっと右にずれてまともに行くのを防いだ。
でも、膝を打って・・・コーヒー半分こぼした。(汗)


----------------------------------------


2019年12月05日

また、別の日には、雪は降っていなかったが、路面がツルツルな日があった。昼間に降った雪が、一度融けて、再び凍ったのであろうか、
自転車で配達をしていたが、雪が降っても怖いとは思ったことが無かったが、この路面がツルツルだった日は、まともに進まない、曲がれない、停まれないで、転倒の危険があったで怖いと感じた。
スピードは出ていないので転倒することは怖くなかったが、転倒した時に配達する新聞が散乱してしまうのが怖かった。汚れてしまえば、配ることはできない。

その日は、いつもの日にまして注意しながら自転車をこいでいた。
前半を終わって道を折り返し後半に入ろうとした時、車ならばブラインドになってしまうカーブに差し掛かった。
さほどスピードは出していないつもりだったが、前輪がツルツルな路面で滑り制御できなくなってしまった。
次の瞬間、転倒。
と同時に、自分と自転車は道の反対側へと滑って行ったのである。
散乱した新聞は、凍結した路面が幸いして汚れてもいず難なく回収ができ、配達はそのまま続行することができた。

後から良く考えてみたら、あそこに車が差し掛かっていたら結構危なかったなぁと、今でもあのカーブを通るたびに思い出す。


----------------------------------------


20191201_img_0004
いつかの青い空。
この後、スッキリと晴れてくれたけど、翌日は雨になってしまったよ。(汗)
今晩は雪がちらついて、車にうっすらと積もってた。
明日、道路が凍らないといいな。


----------------------------------------


とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ