2013年05月30日

【2010年病院日記】

2010/01/06(Wed):晴れ

一ノ関8時22分発の新幹線はやてに乗った。
仙台駅のバスプールの10番から大学病院前まで、少し時間がかかったが、それでも予定の時間がより早く着いた。
荷物を置き新患受付で手続きをした。
少し待ってから耳鼻咽喉科のへ外来へ行くように指示があったので、耳鼻咽喉科の外来で受付をした。
程なく聴力検査をして呼び出しを待つ。データが取れていない部分があるとのことで、やり直した検査があった。
その後、磐井病院で診てもらった先生の診察を受ける。
問診と顔面の診察で、なんとか麻痺で14日間ぐらいのステロイド点滴治療と診断される。
次に、血液検査と尿検査の後に、入院手続きをして新西病棟10Fへ行くようにと、指示を受ける。
耳鼻咽喉科病棟へ行き受付、1015号室へ案内される。

病室にには癌、気管支系に炎症を起こした人、耳の患者さんがいた。
耳の患者さんは7日退院するらしい。

血液検査の結果が出るまで点滴ができないとのことで、それまでの間に病院内の喫茶店で、ビーフシチューセットを食べる。
戻り際に売店で買い物をした後に、病室に戻り、病棟内を案内されったり、検査日程の説明を受ける。
血液検査の結果がOKだったので、16時頃から点滴を始める。
大体4時間ぐらいかかるとのことだったが、21時過ぎに終わってくれた。

初めての病院食、晩ご飯は「ごはん、味噌汁、白身魚のアンチョビソースかけ、ほうれん草のお浸し、せんとろろ」。
とびきり美味しいと言う訳ではないが、どちらかというと美味しいと部類に入るんじゃないかな。薄味はちょっと辛いが。

21時の消灯だったが、回りはプライベートで起きてるみたい。
俺も22時ぐらいまで起きていた。

期間が14日間以上ということで、入院費が心配になってきた。
まぁ、それはなんとかするとしよう。
あとは時間をどうやってつぶすか、音楽だけでも、文章書くだけでも、本を読むだけでも飽きてしまうな。

ノートPCでもあれば、もっと自由度が高いんだけどな。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ