2013年07月15日

ネガティブ・キャンペーン。

ローカル紙に参院選挙の地元立候補者の政策とか横顔とか載っている。
詳しく読むってことも無いんだけど、時々ザッと眺める。
岩手では6人が立候補しているのだけど、どの人のコメントを読んでも同じ事を言ってるなぁと思う。
それが今回の選挙の争点なのだろうけどね。
でね、その内の超有名政党の立候補者Aのコメントは、熱意が感じられないねぇ。
掲載スペースはどの候補者も同じだのだけど、Aのコメント欄はいつもスカスカだ。
それに、ちょっと読んでみると自分の思いとか言葉、そう言うことが書いていない。
党の政策そのままを書いている。
ちゃんと党の政策を勉強して咀嚼して自分の心情と照らし合わせて訴えているとは思えない内容だよ。
もっともダラダラとくだらない自分の思いを読まされても、こっちも迷惑ではあるけれどね。

しかし、そんな奴が立候補しちゃうんだから、某超有名政党もどうしちゃったんだってかんじがする。
組織票とかそういうので、おそらくは当選しちゃうのかも知れないけど、自分としては大事な一票は入れたくないな。


----------------------------------------


DCのシンプルなレディース スニーカー!【送料無料】DC[DC SHOE]W's STUDIO LTZディーシーシュ...




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ