2013年08月24日

【あの人16】・・・・

 いつもギターを持って大人の病棟から遊びに来ていたお姉さんだ。
小学校5年生の時に仙台のベットスクールに入院していたのだが、時々他の病棟から色んな人が遊びに来ていた。
その内の一人だったが、覚えているのは彼女が髪を長くしていて少し丸顔、スカートをはいていたということだった。多分20歳をいくつか過ぎていたと思うのだが、11歳の俺にとってはすごくお姉さんに思えた。
持ってきたギターで童謡なんかの皆が良く知っている歌を弾いて歌ってくれて、すごく人気があった。
彼女はなんの病気でどのぐらい入院していたのか、また俺が退院した時もまだ病院にいたのかは知らない。
そして、彼女が遊びに来てくれたのは2回しか知らないのだけれど。
ずっと長い事、記憶の底に埋もれていたのだが、平井堅が歌ってヒットさせた「大きな古時計」を聞いた時に、彼女の姿が鮮やかによみがえってきた。


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ