2013年09月23日

【あの人19】・・・さん

 偶然行きつけのパン屋で会った。たしか、一つ年下だったはずだ。
彼女は同じ中学だったが名前は知らない。通った高校は違っていると思う。
会ったのは何年振りになるのだろうか。
多分娘であろう中学生の女の子とパンを選んでいた。見た瞬間に俺は彼女だと分かったが、一度も話しをしたことが無いので、言葉はかけられず何となく様子をうかがっていただけだった。
それなりに年は取っていたが、きれいで幸せそうな年の取り方をしていると感じた。
店の中では娘が「このパンを買っていい?」と聞いていたのだろうか、それに答えて静かにうなずいていた。あれこれと注文を付ける様子も無かった。なんだかあの中学生の頃と変らずにいるようだった。
そういえば当時少し癖っ毛だったのだが、やっぱり今でも軽くウェーブがかかり少しは長くしている程度にしか髪型も変っていなかった。あまりにもあの頃のままだったので、それが逆に新鮮だった。
中学の時、彼女の仲良しグループは結構目立っていて、そのグループとは何度も話しをしたとことがあるのだが、彼女はいつもそのグループのちょっと後ろの方から微笑んでいるだけなので、ついに彼女とは話しをしなかったのである。
きっと彼女は俺の事は覚えてはいないだろうなぁ。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ