2013年12月12日

【思えばあの日から:その12。】

あの時の一言のおかげで、またバンドでベースを弾くことになった。
それはかなりの年月を経ての出来事だったので、とりあえず何をしたらいいのかさえ分からなくなっていた。

hama006そう、とりあえずベースだ。
物置にしまいっ放しになっている19歳の時に買ったベースはまだ音が出るのだろうか。

恐る恐るシールドを挿し、アンプの電源を入れてみる。
つまみをいじったときにちょっと雑音が出る程度、それも使っていれば自然と収まってくれるだろうの程度。


メンバーとの初めてのミーティング。
どんな音楽をやっているのか、メンバーはどんな感じなのか。
hama007そんな事を気にしながらメンバーが集まっている所へ行ってみたが、何も構える必要もなかった。
スンナリとバンドの中に入ることができた。

初めてのミーティングで、ライブへの出演が決まり、すでに曲も選んでいるという。

けれどメンバーは全員社会人。

しかも色々な職種のメンバーなために、練習のために集まれるのがライブまでに2回しかなかった。
それでも、何とかあわせることがで、ライブも無事に終わった。

hama008それから、このバンドではメンバーの追加や入れ替えがあり、最終的にはドラム、ベース、ギター、キーボード、ボーカルの5人におさまった。
そして、ギターは念願だった高校の時のバンド「私文バンド」で一緒にやった友達とまたやれることになった。
その5人でいくつかのライブに出演できた。

しかしながら公務員のメンバーが転勤で一関を離れることになり、しかも翌年には海外への赴任が決まってしまった。


そこで活動を停止するのはつまらない。
The Gatesをスピンオフして、新しいドラムスを探してメンバーに加え、BackDoorを結成した。
hama009新しいドラムはボーカルの大学の同級生で、大学のサークルでもドラムを叩いていたという。

新しいバンドになって、音楽の方向もがらっと変わった。
それまでは70〜80年代のハードロックをやってきたが、新しいバンドでは新旧のブルースをやることになった。
ずっとやりたかったブルースをやっと演奏できるバンドになった。

そして、結成2ヶ月で待望のライブイベントに出演することができた。

この後、このバンドはどうなるか分からない。
ずっと続くかもしれないし、メンバーを交代することになるかも知れない。
hama010はたまた解散してしまうかも知れない。

そんな事は、誰にも分からないことだけど、そんな先のことを心配しても仕方ない。
今は今でしかない。

今は今の音を出すしかないのだ。


The End.


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ