2013年12月27日

【波乗りの日々:その1。】

波乗りに興味を持ったのは二十歳ぐらいのときだったかなぁ。
BIG WEDNESDAYという波乗りをテーマにした映画があって、それを見たのがきっかけ。
でも、当時は埼玉の蕨に住んでいた自分にとって、海はものすごく遠いところの感じがしていた。また、どうやって波乗りを始めていいものかも、まったく検討がつかなかった。

自分にできることといえば、神田辺りのスポーツ品店からサーフボードメーカーのTシャツを買って着るぐらいだった。(笑)
思えば、そのTシャツを売っていた店の人に、どうやって始めていいのかを相談すればよかったのだが、あまりにも海が遠い感じがしていたので、その相談という発想すらも無かった。

就職で仙台に来たときに、会社の近くを通る道がサーフスポットの「仙台新港」への抜け道だったらしくて、時々サーフボードを屋根のキャリアに載せた車が走っていった。
けれど、仙台に来た頃には波乗りのことなど頭の片隅に追いやっていた。
当時は車とスキーが自分の頭の中の大半を占めていたのだ。(汗)


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ