2014年06月30日

【あの人33】Y・Sさん

【あの人33】Y・Sさん
 小学校から高校までの同級生である。
小学校は5、6年、中学は2、3年が同じクラスだった。高校の時は同じクラスにはなったことが無い。
大学は青森の国立大学に行ったのだが、やっぱり彼女の親と同じく学校の先生を目指したのだろうか。
頭は良かったんだと思う。中学の頃はその年頃にありがちな夜遊びなんかもしていたのだが、それでも成績は下がることなくちゃんと大学へ進学した。俺とは大違いだ。(笑)
突然、彼女の夢を見た。高校生ぐらいの感じだったがお昼の弁当を向かい合って一緒に食べているのである。その顔がすごく明るくて何かを意味しているのだろうか。確かに夢の中のような笑顔を見たことがある。お弁当は一緒には食べたことは無いはずなのだが。
そういえば一度、高校1年の時だったが、俺の誕生日に赤いコーヒーカップをもらったことがあった。そのお返しはしていないのだが、そんなことは彼女は覚えていないだろうなぁ。
最後に会ったのは5年ぐらい前、同窓会的な飲み会をした時だったかなぁ。
今は秋田でバーのママをしているという。店の雰囲気は想像できる。いい雰囲気に包まれた店なのだろう。
できれば一度そのバーでバーボンをロックで飲みたいものである。


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ