2014年10月31日

田舎の蕎麦屋。

IMG_0001一関の大東町大原にある「中島屋」っていう蕎麦屋が11月1日で店を閉めるという。
それがネット上でちょっと話題になっていた。
なので、どんなもんなのかと食べに行ってみた。

ご近所でもリアルで閉店の事は話題になっているようで、おおよそネットとは関係ない人たちの方が多いぐらいだった。
着いたのは12時半ごろだったかな。
もうすごい人でごった返していた。
自分も他の人と相席で、とりあえずざるを頼んだ。

混んでいたので注文してから結構時間が経ったけど、その前に相席していた人の大盛りが運ばれてきた。
噂通りの麺の太さ。
しかも大盛りの盛りの凄さと言ったら富士山級だった。

自分は普通盛りを頼んであったので、周りのお客さんに運ばれたざるを確認。
さすがに大盛りほどではないけれども、それでも盛がすごい。

蕎麦はちょっと太いかな。
太めの方が好きな自分ではあるけれど、太すぎて表面と芯の方ではゆで具合の違いがはっきり分かるような感じだった。
それでも、付けだれは少し甘めで美味しかった。

食べ終わった後、動きたくないぐらいに満腹だったけれど、次々とお客さんが入ってくるので、占領してるのはわるいなぁと会計をして出てきた。

どうも後継者がいないということらしいのだが、せっかくのお蕎麦屋さんが残念だな。


----------------------------------------


そば打ちセットそば打ち道具セット5点★送料無料★★入門編でそば作りに大活躍♪初心者でも簡単...


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ