2014年11月18日

【2000年のなぐり書き】

2000/06/14(Wed)
どうやら一関地方も梅雨入りしたようだ。
梅雨に入ってジメジメしているが、まだ気温が高くならないので蒸し蒸しはしていない。7月に入れば気温も上がって来て蒸し蒸ししてくるだろう。

昨夜は会社の若い連中と思いっきり飲んだ。
仕事の関係で9時半という遅いスタートだったので、家に帰って来たのはそらも白々と明けかかった4時過ぎだった。(笑)
さすがにこの時間になると運転代行もやっていないので、車を会社の駐車場に置いて来た。午後から車を取りに行くはずだったのだが面倒になってしまったのでそのままにしてある。明日は出勤だが歩いていくのも嫌なので、今晩じゅうになんとか車を取りに行こうと思っている。

友達の事なんだが、今年になって iMAC を買った。
それにイラストレーターやフォトショップなどのグラフィックソフトをインストールしていて、名刺のデザインやらTシャツのプリントのデザインなんかをやっているのだが、そのデザインを見ておどろいた。たった数週間で「これはいける」というようなデザインをしてるのである。
元々彼はデザインや絵などの才能を持ちあわせていたのだろう。というか、それまでにも彼の描いた物を見たことがある。
たしかにソフトの使い方はまだ拙いのかも知れが、やはりセンスの問題だということを私のHPと比べながら思ったのだ。

前回の「なぐり書き」で五木寛之の「青春の門」の話しを書いたが、タイミングがよいというかなんというか、ある小冊子に五木寛之の対談が載っていた。
そのなかで彼自身の「青春の門」は完結していないという話があったので、今後の発刊が期待できそうだ。(笑)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ