2014年12月11日

【2000年のなぐり書き】

2000/06/27(Tue)
先日(17、18日)に大阪へ行って来た。
何をしに行ってきたかというと、某チャットファミリー大阪支店の宴会のためにである。(笑)
生まれてはじめての大阪である。これまで御殿場よりも西には行ったことがなかったのである。修学旅行で京都・奈良・大阪を経験するという人も多いと思うのだが、高校の修学旅行は無かったので結局関西地方には行ったことがなかった。(汗)
去年の東京・横浜に続いての大阪オフ・・・インターネット上では毎晩のように顔を合せているのだが、実際に会った事のある人は東京から参加してくれた人だけで、あとは初めてというメンバーだった。ありがとねぇ〜、機会があったらまた会いましょう。

しばらくほっておいた時計の電池とバンドを交換しようと DIY 店に行ったのだが、その時計は 200m 防水のいわゆるダイバーズ・ウォッチだったので、DIY 店での電池交換は断られた。作業自体はできるのだが、防水に支障をきたしてはまずいということらしい。
とりあえずバンドだけを交換してもらって街の時計屋に行き無事に交換してもらう事ができた。
今は時計もずいぶんと安くなって、わざわざ街の時計屋から時計を買うという人も少ないのだろう。行った時計屋の店内には売り物といえる商品はほんのわずかで、電池交換や修理などでやっと商売を続けているという感じだった。
しかしながら、時計屋の職人技というのはなんとか残してもらいたいものだと思う。

新しい衆議院議員が決まって来月早々にも内閣が組閣されるということだが、どうも自民・公明・保守の連立内閣というのは気に入らない。かといって自民単独の内閣というのももっといやだが。
なんで公明や保守は自民と手を組んで与党になったのだろう?
与党3党は衆議院解散前よりも議席を減らし、逆に民主は大きく議席を増やした。このことは国民の・・少なくとも投票した国民の多数は与党に対して、厳しい目を向けたということだと思うが、かといって過半数を確保していない民主に対しては与党側を牽制させる期待はしているものの、政権を与えようとは思わなかったということだろうか。


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ