2015年01月10日

【2000年のなぐり書き】

2000/07/08(Sat)
この時期に台風だ。
おそらく記録的なものではないかと思う。岩手県はどうやら直撃を免れたようだが、それでも一関は強風が吹き荒れている。大雨が降ったところもあるかもしれない。台風情報には十分に気を付けていただきたい。
台風といえば、波乗りである。
今回の台風がまだ南にあった6日(木曜日)に海に行って来たのだが、その時はまだ大きなうねりは入っていず、東にあった低気圧のうねりだったと思う。
残念ながら、今回の台風の進路ではいつも行っているポイントはクローズドになっているだろう。ひょっとしたらシークレット(そうでもないが・・)にはいいうねりが入っているかもしれない。
明日、いや明後日の月曜日には北のうねりがいい具合に入るような気がする。残念ながら月曜日は休みでは無いので行くことができない。(涙)

「岡山バット事件」の犯人の少年が、秋田県で逮捕された。
事件発生後から自転車に乗って北を目指した。なぜ北だったのだろう?
野球部員をバットで殴打したという事件のほかに、母親をもバットで殴り殺したということも認めたようである。野球部員を殴打した「殺人未遂」でなぜ自分を止められなかったのだろう。実の母親をも殺害してしまった。
これから色々と専門家の分析結果などが発表されると思うが、自分を抑える・相手を思いやるというような感情が欠けているのではないか。
これは最近よく言われてるように、俺自身も含め若い世代(若い世代とは限らないか・・)に共通した問題なのではないだろうか。(もちろん、当てはまらない人もいるだろう)

今週、新しい内閣が誕生した。
新聞やその他のメディアでも言われているようだが、よく分からない組閣だった。
まぁ、ちゃんとした仕事をしてくれればそれはいいのだが、俺は保守党から入閣した扇氏に注目している。といっても氏もそれなりに建設大臣としての顔でやっていくのだろうが・・・。
森総理大臣から建設大臣への就任の依頼があった前後に、扇氏はずいぶんと不満をもらしていた・・というよりも表明していた。「なり手が無いから、回って来た」だの「押しつけられた」だのとぶちぶちと言っていた。
だいたい、そんなに不満だったのなら引き受けるべきじゃなかった。 断固として固辞するべきだったはずだ。(それが政治家という自分自身に対しての筋を通すというものだ)
なぜあなたはそんな不満を並べながら、建設大臣という重要なポストを引き受けたのですか?
あなたはどの大臣ポストだったら、気持ちよく引き受けたのですか?
あなたにとってそのポストはどういう意味をもっているのですか?


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ