2015年02月15日

【2010年病院日記】緊急入院

2010/12/01(Wed)
昨日のAさんに続いて、今日はBさんも退院の予定だという。
昨夜、寝る間際にBさんとチラッと目が合ったので会釈をしてみた。
そしたら、今朝にはカーテン越しにおはようございますという挨拶がきた。
もちろんこちらもおはようございますの返事。
朝ごはんを食べた後に、Bさんの方から話しかけられた。
しかもちょっとした会話なんてもんじゃない。
15分や20分ぐらい話し込んでしまった。
Bさん、あぁ見えても自分と同じ年だった。
なんだぁ、Bさんは話し好きだったんだ。(笑)
ということで、Bさんは皮膚科を受診した後に退院ということになった。

で、自分も明日退院だという話しがすっかり出来上がっていて、担当医師から告げられた。
もう少し様子を見たいような話しだったので、今週末ぐらいかなと思っていたら案外早くなってしまった。
これはきっと上の方からプレッシャーが来たんだろうなという感じだ。
担当医の気持ちでも、もう少し様子を見たいようだけど、今の医療では発症後24時間に合併症などの問題が無い場合には、4日後に退院ということなのだそうだ。
こりゃ早過ぎるな。(汗)

午前中、薬が替わるということで看護士さんの説明を受けていた。なにやら注意事項があるらしい。
けれども、そのタイミングで心エコーの検査で呼ばれてしまって、どの薬がどうだということが分からないままだ。
検査室に行くと、研修医が待ち構えていた。(笑)
もちろんちゃんとした検査は検査技師の仕事なのだが、緊急で搬送されて来た場合には医師が検査をするということもあるだろうし、病棟での検査でも医師が直接検査するということもある。
なので、心エコーの検査もしてみたかったのだろう。
いくつかサンプルのエコーを確保したみたいだった。

午後からBさんが退院すると、この病室も自分ひとりになってしまうなぁなどと考えていたら、CさんとDさんが次々に入ってきた。
Cさんは他の部屋から移ってきて、Dさんは入院してきたらしい。
また、どちらとも会話が無い。(汗)
そしてどちらも、自分よりだいぶ年齢が上だ。
Cさんは入院慣れしている感じがあるので、もう長いこといるのかも知れないな。
Dさんは・・・よく分からん。(汗)


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ