2015年02月23日

文化財。

昨日、市内でやっているお雛様祭りっていうのを見てきた。
古くは享保の時代のから、新しいのは昭和ぐらいまで。
可愛いのだったり凛々しいのだったり、ちょっと怖いのだったり。
それに布で綿をくるんで縫ったつりし雛っていうだったり。
まぁ、それぞれあるわけ。
それぞれの家庭で今は飾られることも無くなってしまった様な雛壇を寄付してもらったりして管理してるみたい。
展示は、博物館風ではなくて、街のおばちゃんたちが知恵を出し合って展示しているという感じで、これはこれで好感が持てるなぁ。

でもまぁ、自分的にはそれほどひな人形に興味があるわけではなくて。
でも、誘われたのでくっ付いて行っただけ・・・。

でね、その展示されている場所。
これが、酒造会社の蔵とか住居を利用してる。
その作りは大昔のだから、すごくしっかりしている。
今のように便利でもなさそうなんだけど、梁なんか恐ろしく太い木から切りだしていたりね。
窓や戸にはめ込んでるガラスがすごい。
これは一見の価値ありなんじゃないかなぁ。
今のガラスではないんで、多分厚さも均一じゃないんだろうなぁ。
窓越しの風景がゆがんでいて、これが何とも言えない情緒があってさぁ。

うん、あのガラスは文化財級だと思うな。(笑)


----------------------------------------





トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ