2015年10月13日

そうだったのかぁ、小野小町。

151012aimg_0028昨日、拉致されて紅葉を見に付き合わされた。
岩手の胆沢から胆沢ダムを通って、秋田県へ抜けるコース。
秋田県側では湯沢市になる。
湯沢市を経由して宮城県の鬼首へと、再び峠を越える。
距離にして250kmぐらいだったかな。

途中から雨になってしまって、車から降りてゆっくりというわけにはかなくなってしまった。
まぁ、それでも車の運転は嫌いではないから大丈夫。

で、その湯沢市の雄勝というところがある。
ここは歴史上の人物、小野小町の出身地だという。
道の駅雄勝の建物の屋根も小町が被ったであろう笠の形をしてる。
小野小町が雄勝出身だなんて、知らなかったし、考えてもみなかった。
京都とか、どっかそっちの方の人だと思っていた。
いやぁ、ビックリ。

そういうわけなので、秋田県のお米は「秋田こまち」だったり、秋田新幹線を走るのは「こまち」だったりするわけだぁ。
そういうことだったのかぁ。(汗)


----------------------------------------

【平成26年産】井手さんのお米 秋田...

【平成26年産】井手さんのお米 秋田...
価格:22,000円(税込、送料込)




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ