2018年10月07日

【あの人59】S・Tさん

勢いの良い、ちょっと色の黒い女の子だったなぁ。
しかも鼻が高く、おかっぱな髪をピンで留めていたな。
どんどんいろいろなことを思い出して、彼女をずんずんと美化してしまいそうだ。
小学校の5年生の時に、仙台の病院に入院していたが、その時に俺よりも随分後に入って来た同級生である。
彼女は脊柱側湾症でかなり背中が横方向に曲がっていた。けれど、外には異常も無いので、おれと同じように随分と元気だった。
これと言ったエピソードは無いのだけれど、その彼女の元気さがすごく印象的であった。
11歳の女子ということで、気持ち的には彼女の中には、男子が圧倒的に多かった環境に入って来るのには、かなり微妙ではなかったかと想像する。
他にいたもう一人の同級生の女の子は、俺が入り前からいたのにもかかわらず、他の男子にはなじめないでいた。
しかし、彼女の持ち前の明るさと威勢のよさが、他の男子たちになじめることを容易にしていたのだろう。

その後、病気を完治することができたのだろうか。
そんなことももろともせずに、明るく元気に生き、きっと元気な子供をしっかりと育てているに違いないと、期待を込める。


----------------------------------------


simple_hama at 22:18コメント(0) 
★あの人は今・・・ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ