2020年02月04日

【あの人76】Aさん

アルジェリアでプラント関係の会社で「日揮」の作業員がテロ組織に拘束されたというニュースが飛び込んできた。
久しぶりに日揮という会社の名前を聞いて、一番初めに就職した会社の社員Aさんを思い出した。
その会社はサイトにも時々出てくるが、仙台にあった非破壊検査の会社である。
彼はその会社から日揮に長期出向していて、自分たちが入社した時は北海道室蘭の石油コンビナートに検査員として働いていた。
そう言う訳で、自分がその会社に在籍した2年の間に、顔を合わせてのはほんの2、3回しかない。その幻の社員Aについては、仙台に残っていた他の先輩から「これこれこういうAという奴がいる」という話しは聞いていた。
初めて顔を合わせたのは、日揮がお盆休みに入り仙台に帰ってきた時だった。
改めて初めましてというような会を開いて飲みに行ったのだった。
どこで飲んだのかは覚えていないのだけれど、最終的には彼のアパートの部屋で飲んだという事は覚えている。
案外自分の住んでいた所に近いところにアパートを借りていたのだった。
結構きつそうな度のメガネをかけ、髪を七三に分けて、典型的なサラリーマンという風貌だった。そして一緒に数日間仕事をしたのだが、その風貌に違わずまじめな仕事ぶりであった。
あまり話しをする機会もないので、どこの出身とかプライベートな事は分からないが、アパートで飲んだ時に妹さんが居ると言うことを話していたのを覚えている。
今も日揮で働いているとは思えないが、彼に限っては人生の道を外すような事は無いだろう。
きっとどこかで元気に検査業務をしているかもしれない。
いや、別の業種へ転職しても、きっと上手くやっていることだろう。


----------------------------------------


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ