2020年02月23日

【2003年のなぐり書き】

2003/06/25(Wed)
梅雨に入ってしばらく経つのだが、やっとここ何日か梅雨らしい天気になって来た。
今日も朝から強くはないが雨が落ちている。
ちょっと前までは暑いだけ暑くて、それでも湿度が低いからカラッとして風が吹けば気持ちいい天気が続いていた。(汗)

先月、宮城県気仙沼沖を震源地とする大きな地震があった。
一関は震度5強、気仙沼に近いほど震度6弱という俺は経験したことが無い揺れだった。
宮城県沖地震が起きると言われて久しいのだが、今回の地震は予想されていた震源地とはずれているそうだ。
なので、予想される宮城県沖地震は何年後かに確実に起きるに違いない。
震度5強という大きな揺れだったにもかかわらず、大きな被害は出ていない。
怪我人は何人かいたようだが死者は出ておらず、大きな火災も起きてはいない。
それに加えて建物の被害と言うのも震度から見て小さいものだったようだ。ただ、新幹線の橋梁部分である区域で集中して起きているので揺れ方がどうだったのかなど学者達は調査しているようだ。
地震が発生した時、とっさに後輩とサーバールームに飛び込んでサーバー類が倒れたりしないように押さえた。
しかし後でよく考えたら、一体だれが待避命令を出すのだろう?
俺は後輩に対して、どの時点で待避させれば良いのだろう?
そういう危機管理のマニュアルが無いのだ。
別の部署では役員が逸早く窓から逃げ出して、飛び降りた衝撃で足を骨折したと言う笑い話にも似たような話しがあったが、その役員は部下に対してちゃんとした指示を出していたのだろうか。少なくても役員にはその程度の義務はあるはずだ。(大汗)

車の中ではもっぱらCDを聴いている。チェンジャーに10枚ぐらいは入っているだろうか。
俺の場合、聴く音楽はつい最近のもあるし相当昔のやつもある。それを取り混ぜてチェンジャーの中に入れているのである。
前から少し気になっているのだが、昔の古いCDの録音レベルが低いのである。これは家の中のPCで聴いてもそうだし、ステレオで聴いてもそうである。
いつごろから今のような音量レベルになったのだろうか?
困るのは新しいCDに音量を合わせていると古いのを聴く時には音量が小さくてあげなければいけないし、その逆もある。
いちいちCDの今昔で音量を上下させるのはいささか面倒である。(汗)
低いなら低いなりに、高くても高いなりに音量レベルは録音する時に統一していて欲しいものだ。



----------------------------------------



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ