★散歩の途中

2013年10月27日

sanpo783(2013/05)
この写真だと、どう見ても下り坂には見えないな。むしろ上り坂に見えるか・・・。
少し峠を上ったところから写真を撮ってみたが、この下りの直線はスピードが乗る区間である。(笑)


2013年10月10日

sanpo782(2013/05)
左側、川沿いは旧道になる。
復旧対策のために新道を、ちょっと山側に通したのだろう。距離にして500mぐらいである。


2013年10月01日

sanpo781(2013/05)
2008年6月14日に起きた「岩手・宮城内陸地震」は名称が示す通り内陸で起きた直下型の地震であった。この辺りは震源地のすぐ近くであるため、巨大な地滑りなどの被害も大きい。
この現場は磐井川を挟んで左右両岸から地滑りが発生し、川をせき止めてしまった地点である。現場には応急対策と恒久対策を説明する看板と休憩所が設置されている。
写真は磐井川が地滑りで堰止め湖ができてしまったので、土石流を防ぐためにバイパスさせ川の水を下流に流している部分である。

2013年09月20日

sanpo780(2013/05)
この辺り、本当の雪の季節には来たことが無いが、左側に写っている防風フェンスを見ると、何となく想像ができてしまう。
冬は厳しい季節なのだろう。


2013年09月13日

sanpo779(2013/05)
正面の山も岩手・宮城内陸大地震で崩落した所である。
この辺では、あちこちにこのような崩落して爪跡が残る山肌を目にする。


2013年09月02日

sanpo778(2013/05)
矢櫃ダムを通り過ぎてからしばらく上った。
この辺でも民家が点在する。昔に入植した開拓農家の方々の家であろうか。
今の時季は気持ちが良い風が通りすぎる気候であるが、冬はこの辺でも厳しいであろうと思う。
一度だけ、真冬に矢櫃ダムの所へ来たことがあったが、深い雪の中であった。


2013年08月20日

sanpo777(2013/05)
旧昇仙橋からダムを撮った。
あまり大きくはないダムなのだけれど、手前に大きな岩があったりして、眺めも音も豪快である。
中学生の時に、サイクリングでここまで来て、ダムのあの縁まで降りて行った事があったけれど、今は降りれないようにコンクリートで固められている。


2013年08月14日

sanpo776(2013/05)
旧道である。
おそらく地震の後に駐車場などと一緒に整備したのではないかなと思うのだけれど、遊歩道化されて矢櫃ダムを間近から見れるようになっている。
整備される前は大分古い、渡るのが恐いような橋であった。


2013年08月03日

sanpo775(2013/05)
ダムの上を通過する昇仙橋からダム湖を撮った。
岩手・宮城内陸大地震の時は、このきれいなブルーの水が濁っていたんじゃなかったかな。
よく見ると、若干濁ってクリーム色っぽくなっているような気がするな。もっと透明度が高かったと思うのだけど。


2013年07月29日

sanpo774(2013/05)
いつ矢櫃ダムに駐車場が整備されたのだろう。全然知らなかった。
岩手・宮城内陸大地震では、あちらこちらが崩れたりせき止められたりしてダメージを負った。それを復旧していく時に、この駐車場も整備されたのかも知れない。
正面に山肌も今では草が生えてきているが、確か崩落した所の一つだったんじゃないかな。


2013年07月23日

sanpo773(2013/05)
山も大分深くなってきたのだが、時折こういう平地に田んぼが整備されているところがある。
この辺も骨寺村の荘園に含まれるのだろうか。
ずっと昔の人が開墾して整備したのだと思うと、やはり人間はすごいなと感じる。


2013年07月16日

sanpo772(2013/05)
ここの少し下の瑞泉閣の住所は「下り松」と言うらしい。
でも、ここは道路の反対側だからきっと住所も違っているだろうな。
須川まではまだまだ遠い。


2013年07月11日

sanpo771(2013/05)
磐井川の上に架かっている橋の上である。
住所は分からないので厳美町にしておく。分からないところは大きな住所までの記載で、分かるところは書き込んでいくことにする。
景色で住所が分かる方がいらしたら、是非ご連絡をいただきたいと思います。


2013年07月06日

sanpo770(2013/05)
もうこの辺からちゃんとした住所が分からなくなってしまった。(汗)
取りあえず橋の上から磐井川の下流を眺めてみたら、ものすごい色である。コバルトブルーと表現すれば良いのだろうか。
何か水の成分が違っているのかも知れないなぁ。


2013年07月02日

sanpo769(2013/05)
さて、再び須川を目指して移動を始めるが、どうやら雪崩で通行止めになっているらしい。(汗)
道路脇にはブルーベリーの商品にしているところが結構ある。


2013年06月29日

sanpo768(2013/05)
子供の時に連れられてきた岡山スキー場跡である。
本寺中学校の裏手であるが、自分にとっては平泉の世界文化遺産なんかよりもずっと大切な心の中にある遺産である。
もう林になってしまって様相がすっかり変わってしまっているが、あの辺りがゲレンデがあったはずである。リフトは無く、バスのエンジンでロープ塔を動かしていた。そして、厄介だったのはゲレンデの真ん中に大きな岩があって顔を出していたことである。
このスキー場を知っているのは、一関の中でもスキー好きだった結構なお年寄りとスキー協会関係者、自分のスキー仲間ぐらいなものではないかなぁ。


2013年06月26日

sanpo767(2013/05)
橋を渡って正面に見えるのが一関市立本寺小学校である。その小学校の所を右に上がっていくと一関市立本寺中学校あがある。
いつ頃に立てられたのかは分からないけれど、結構新しいようである。


2013年06月22日

sanpo766(2013/05)
そう言えば厳美はブルーベリーの生産にも力を入れているのだったか。
シーズンオフだったか、加工施設は稼働していなかった。おそらくジャムや他の加工食品が作られているのだろう。


2013年06月18日

sanpo765(2013/05)
そこのT字路を入って行くと現在の本寺の小中学校がある。
子供の頃にスキーに連れてきてもらった時も、そこから歩いて入っていったに違いない。バスで来た記憶もある。


2013年06月15日

sanpo764(2013/05)
その昔、ここには小学校があった。ずっと本寺小学校瑞山分校だと思っていたが、どこかで記憶がおかしくなっていたかも知れない。
ここにあった小学校は分校ではなく、本寺小学校の本校だったのかな。
現在では一関市立本寺保育園になっているみたいであるが、近辺に平泉野遺跡というのがあるらしい。


2013年06月11日

sanpo763(2013/05)
本寺のメインストリート。子供の頃には良く親父に連れられてスキーをしに来た覚えがある。
どうだろう、そのころと比べると寂れたのだろうか、それとも少しは栄えたのだろうか。

2013年06月06日

sanpo762(2013/05)
地名、本当はちゃんと正式名があるのだろうけど、この辺からは本寺だと思っている。
ちょっと先の郵便局は厳美町若井原だと言うから、この辺もひょっとしたら同じかも知れない。
標識にもあるように、この辺からも宮城県の栗原へ抜けることができる。


2013年05月26日

sanpo761(2013/05)
写真に見える水路が発電所へ引き込まれている。
まさか火力と、間違っても原子力と言うことは無いだろうから、やっぱり水力発電所なんだな。
あまり規模は大きくないので、何のために発電所を作ったのだろう。何か特別な需要があったのかもしれない。


2013年05月23日

sanpo760(2013/05)
写真に見えるのは発電所の一部かも知れない。
もうちょっと下の方に発電所の本体などがあるのかも知れない。発電所へ引き込んでいる水路を子供の頃からあるのを知っていて気にはなっていたけれど、今までじっくりと見ることは無かった。


2013年05月21日

sanpo759(2013/05)
骨寺村荘園跡は世界遺産には入らなかったのだけど、追加登録させるべく頑張っているらしい。
で、随分と久し振りに来たので、こういうところがいつできたのかも知らない。
そう言えば、もう少し手前に「骨寺村荘園交流館(若神子亭)」というのもあったっけ。


2013年05月17日

sanpo758(2013/05)
一関温泉郷「矢びつ温泉」まで3kmだという。
矢びつ温泉って、ダムの下流にあったところかな?その手前の瑞泉閣も矢びつ温泉に入るのかな?
良く分からないや。(汗)


2013年05月15日

sanpo757(2013/05)
見渡せば磐井川がきれいじゃないですかぁ。(笑)
秋の紅葉の頃には、もっときれいな風景になるんだろうなぁ。


2013年05月13日

sanpo756(2013/05)
ずっと気になっていたところである。どうやら陶器ギャラリー的な所なのかな?

2013年01月05日

sanpo755(2012/11)
写真で見える山の斜面を工事した所も向こうに本寺がある。
ゴールまではまだまだ長い道のりだ。



2012年12月28日

sanpo754(2012/11)
どうやらオートキャンプ場へ行けるらしい。
いつこのオートキャンプ場ができたのかは知らないが、ここから数キロ先にそのキャンプ場はあるらしい。


2012年12月24日

sanpo753(2012/11)
この橋の向こうへは行ったことがない。
地図で確認すると「深立目公民館」というのがあるが、その他の事は分からない。


2012年12月18日

sanpo752(2012/11)
山谷小学校跡から少し西に行ったところに小さい集落がある。ちゃんと商店街もある。
ここは何て言う地名なのだろうか。
山谷って言うのではなかったかなぁ、でも手持ちの地図ソフトで見て山谷なんていう地名はないな。
写真で見える車の所から右に入っていくと、山を越えて奥州市衣川区へ出る。


2012年12月15日

sanpo751(2012/11)
山谷小学校跡へ入っていく道からポラーノを眺めてみた。
裏に何かできている。
蕎麦屋さんかそんな感じである。確かにこの辺りに蕎麦屋があってもおかしくはないだろう。(笑)


2012年12月10日

sanpo750(2012/11)
一関市立厳美小学校に統合し廃校になってしまった一関市立山谷小学校跡である。
廃校になったのは2005年だという。そんなに古い話ではないな。
そう言えばまだ自分がバイクでこの辺を走っていた頃には、まだ子供達が校庭で遊んでいた。
今は公民館か何かになっているんじゃなかったなか?


2012年12月07日

sanpo749(2012/11)
ちょっと先に黄色い看板が見えているが、アイスクリームの「ポラーノ」である。
ずいぶん前からあるけれど、どのぐらい前にできたのだろう。
美味しいので通りかかることがあったら、一度ご賞味あれ。


2012年12月04日

sanpo748(2012/11)
骨寺村荘園遺跡という看板が立っていた。平泉と共に世界遺産登録をしようとしたのだけれど外れてしまった。
この遺跡はポイントと言うことより、この辺いったいという事である。空から眺めてみれば、昔のままの風景が広がっている。
その脇にある碑は「開田顕彰碑」ということで、昔この辺を一生懸命に耕して田んぼにしていったんだなぁと伝わってくる。


2012年12月01日

sanpo747(2012/11)
自分の記憶違いでなかったら、この道の左右はコスモスが一杯咲いていたんだと思うけど。
コスモスロードって名前を付けても大丈夫なぐらいに咲いていたんだけど。
時季が遅かったのかな。


2012年11月24日

sanpo746(2012/11)
この下に川が流れている。
てっきり磐井川の上流だと思ったら、支流のようだけど、何ていう川なんだろうか。

2012年11月18日

sanpo745(2012/11)
本当はまだまだ序の口なのであるが、厳美もいよいよ奥へ入ってきたなという感じである。
道端の所々に、このような野菜の無人販売所がある。
あれ?
ここは無人では無いのかな?売る人が不在だけなのかな?


2012年09月11日

sanpo744(2011/11)
かんぽの宿である。
西側から眺めているので、後ろ側って事になるのかな。

2012年09月07日

sanpo743(2011/11)
樹木葬入口の所の交差点である。
ちょっと先にチェーン交換所があるが、冬はこの辺から本格的に雪が多くなり上りがきつくなるのかな?


2012年09月03日

sanpo742(2011/11)
一関に樹木葬があると聞いていたけれど、この辺にあったんだなぁ。

2012年08月30日

sanpo741(2011/11)
今ではしっかりコンクリートで固められてしまったようだけど、昔は河原があった。
中学の時にこの辺の河原でBBQしたことがあったなぁ。
自転車ショップの常連さん達と。の中のほとんどは、当然自転車でツーリング。(笑)
この先に、ドライブインがあります。


2012年07月09日

sanpo740(2011/11)
照井神社かな? ひょっとして照井堰の照井神社なのかな?
それにしては整備が行き渡っていないような気がするが・・・。
いきなり急な階段を昇って行かないといけないとなると、かなりきついなぁ。(汗)


2012年07月05日

sanpo739(2011/11)
このようなちょっとした直線が所々に出現するが、車だとこういうところが遅い車の抜きどころってことになるかな。
おっと、安全運転でね。(笑)


2012年07月03日

sanpo738(2011/11)
旧道と新道が交差する少し先である。
ここからが本格的に国道342号という感じで道幅も狭くなり、左右にくねりアップダウンもきつくなる。
この先はスポーツタイプのバイクならば結構面白い走りができるんじゃないかな。
自分も良く走りに行った。(笑)


2012年06月28日

sanpo737(2011/11)
旧道と厳美バイパスがぶつかる辺りである。
ちょうど旧道の方から車が出てきている。
旧道の方は懐かしい思い出もあって、個人的には中々趣のある通りだなぁと思っている。(笑)


2012年06月24日

sanpo736(2011/11)
一関市博物館より国道342号を少し西に進んでみた。
途中、ちょっとした林があったが普段は何も気にせずに通り過ぎてしまう風景。けれど、何か意味ありげな林に感じたので写真に収めてみた。
もちろん何の根拠も無いのであるが。(汗)

2012年05月12日

sanpo735(2011/11)
国道342号より北を眺めているが、遠くに白いガードレールが見える。
あの道は山沿いをずっと走ってくるのだが、ひょっとしたらあのルートが昔の厳美街道なのかも知れない。


2012年05月09日

sanpo734(2011/11)
一関博物館前、道の駅より少し西の十字路交差点から西を眺めた。
どちらを眺めてもあまり代わり映えのしない眺めである。
これより西に数十Km先に須川温泉があるが、途中真湯という所にゲートが設けられており、冬期間は通行止めになっている。


とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ