★マイ・ツール

2013年08月28日

2007/10
abboxAMP SELECTOR、アンプセレクターとかABボックスとか呼ばれるものである。
要するにアンプを2つ用意して、1つの入力音をどちらかのアンプに信号を送ると言うもの。または、その逆も可能で2つの入力系からどちらかを選択して、1つの出力信号でアンプにつなぐこともできる。
俺は2つのベースをつなぎ、どちらかの音をアンプから出すという具合に使っている。と言っても家での練習とかリハにしか使ったことが無く、実践投入はまだである。2007年の暮れのライブの時に使おうと思っていたのだが、身内の不幸のためにキャンセルしてしまったので、使わないままになっている。
説明書によると、独立して出力の大きさを調整できるようになっていて、確かにツマミもそのようになっている。けれども家のやつはどうも不良品らしく、独立して出力調整ができない。(汗)


2013年08月16日

2007/09-2009/12
ax3kb2009/12の新しいエフェクターの投入で、その役目を終え他のベーシストへ譲ることにした。
今後はそのベーシストを足元から支えて欲しいな。(笑)

2007/09
いわゆるマルチエフェクターのKORG AX3000Bである。
エフェクターのマルチに関しては賛否両論あるのだが、俺としてはあんまり気にしていない。コンパクトでも俺の要求を満たすようなら、それはそれでもいい。(笑)
ベースを再開してから家で練習することが多くなった。最初はトレーナーにベースを突っ込んでそこから音源とミックスして聞いていた。
まぁ、練習するにはそれでも良かったけど、音そのものをいじってみたくなってきた。それ同時にヘッドホンアンプが欲しくなりいろいろ物色してみた。オークションを漁っていたら、比較的安くエフェクターとヘッドフォンアンプを兼ねたAX3000Bを見つけることができた。
色々なエフェクトを作ることができて、それをそのまま記憶させておくことができて便利だ。俺としてはちょっとオーバードライブで歪ませてコンプレッサーで音の粒をそろえるようなことを何本かのベースに合わせて用意している。空間系とか飛び物とかは使うことは無いだろうなぁ。(笑)


2013年08月06日

2007/03
guitar92006年製のWarwick Corvette $$というモデルである。
最後の$$の意味が分からないが、ひょっとしてハムバッカーを2つ積んでいるからなのだろうか。
ワーウィックにも色々なモデルがその年ごとに存在したり、種類も多く販売している。その中でハムバッカーの積んだものが欲しいと思っていたところに、ある楽器屋から40%offで売りに出ているのを発見してしまった。(笑)
最初にコルベットを見た時はシェープがなんだか変な感じがして、ちょっと好きになれそうに無かった。オークションなんかで何度も見ているうちにそのシェープにも慣れてしまったと言う感じである。(汗)
音はどうなのかと言うと、コントロール系のつまみやスイッチが一杯あるので、正直どれをどうすればどんな音になるのかはまだはっきりと分かっていない。ちょっと時間をかけて色々と試してみる必要があるのかなぁ。
ただ最初の印象としては所有している他のベースに比べると、しまっていて硬めな印象を受けたが。。。


2013年08月02日

2007/01
BX1800180Wのベースアンプである。
家で練習するときにはMA-5があったので何とかなっていたが、ちょっとしたライブでのことを考えるとそれなりのアンプが欲しくなった。
それに自分の音を作ろうと思えば、やはり自分のアンプは必須なのだ。
ネットでいろいろ物色していくと、ベースアンプも結構高価なのだが、このBEHRINGERは比較的安価である。ちょっとした賭けでもあるのだが、買ってしまうことにした。
家に届いて早速音を出してみると、なんだかおかしい歪み具合だ。大きな音を出して確認してみようと、スタジオに持ち込んでみたが、やはりおかしな歪み方をした音が出た。
楽器屋に連絡して、新しいのと交換、やはり正常なのはいい音がする。出音に妙な癖が無く、俺の好みにも合っている。


2013年07月26日

2006/12
bosstu2弦楽器を使うために必ず必要なチューナーだ。
それまでは小さなチューナーを使っていたが、ステージでも使えるようなコンパクトタイプのチューナーを買った。
もっともその昔は音叉で基準の音を合わせて、それを基にチューニングするのが一般的だった。ベースを再開するようになって、ネットで色々と調べていくうちに、今はチューナーで音を合わせるのが一般的ということが分かった。
チューナーも色々あるらしいが、精度さえ出ればどれでもいいかもしれない。もっとも使いやすいということが一番であるが。
その後、マルチエフェクターを購入後はそれに入っているチューナーを使うようになった。マルチを使わなくなったらまたこのTU-2を使うつもりである。

2013年07月14日

2006/10
guitar8今度は2005年製Fender JapanのOPB51というモデルである。
どういうわけかまた知り合いを通じてバンドでベースを弾く事になった。手持ちのGreco EBでも良かったのだが、そのバンドの選曲がどうもEBには向いていないような感じだった。そういうことならオークションで安いものを見つけてやるかということで、ほとんど新品のOPB51を半額で手に入れることができた。
このモデル、ずっと勝手にテレキャスターベースだと思っていた。確かにシェイプやヘッドはテレキャスターと同じ。正確には分からないが想像では、どうやらプレジッションのオールドという事らしい。
高校の頃に社会人のバンドでこのモデルを使っている人がいた。しかもフレットを抜いていた。すごく格好よく見えて、それ以来このモデルも欲しいとずっと思っていたのである。
pickup一発で1Vol・1Tone、音はやはりEBとは全然違い、ビュンビュンと言う感じである。(笑)

2013年07月08日

2006/05
guitar61990年製のGibson SG '61 Reissueを入手した。夢にまで見たGibsonのSGである。
ふとしたことからまたギターを弾きたくなってしまって、せっかくだからずっと憧れていた本物のSGを手に入れようと、オークションをずっと物色していた。
ざっと眺めるとSGでも色々なモデルや値段もまた色々。さすがに新品は買える金額では無かったので中古を探していたが、たまたま手のいい物をを競り落とす事ができた。
guitar7GrecoのSGと比べると肩幅はちょっと狭いようである。Gibson純正ケースにGrecoのを入れようとすると、肩が引っかかってしまってぴったりと収まらない。そんな事も知らなかった。(汗)
こうやって両方を比べてみると細かいところで少しずつ違うようであるが、Grecoの作りも中々である。コピーモデルはあるが、当時の職人さんが真面目に作ったという感じがする。
まだ実際にアンプから音を出してみていないので、どういう音がするのか分からないが楽しみでもある。

2013年07月04日

1983/xx-2009/12
長年の経年劣化に加え、長期の不使用から常時雑音が出るようになってしまったので、ODB-3に乗り換え引退させることにした。

学生の時にGrecoのSGを手に入れてからは、ベースよりギターを弾くことが多くなった。そこでちょっと歪みものが欲しくなったので、このオーバードライブを買った。
記憶があいまいになってしまったが、仙台に来てから買ったような気がするんだけど。
今はギターを弾くことが少なくなってしまったが、当然ちゃんと使える。(笑)


2013年06月30日

1983/xx
mcrmon学生の蕨時代には音が筒抜けになるようなアパートだったので、音を出すことがためらわれた。
仙台に来てからはちょっとだけ、音も出してみようかというわけで小さなアンプを買った。10Wも無いはずだが、それでも十分に使えた。
今でも昼間にこの貸家ではこのアンプを使ってベースの音を出している。(汗)

2013年06月27日

1980/xx
GrecoSG600Gibson SGのコピーモデル、シリアル番号からすると1979年製である。
やっぱりベースだけじゃなくて、ギターも弾きたいなぁと思い蕨からはるか遠い横須賀まで買いに行った。
音楽雑誌の売買欄には色んな種類のギターがリストアップされていたが、俺が探していたのはGrecoのSGモデル。
なぜかベースにしてもギターにしても、このSGモデルが大好きだったのである。


2013年06月24日

1979/xx
GrecoEB720Gibson EB3のコピーモデル、1978年製のEB-720である。
19歳の時に高校時代に使っていたGreco EB-420に替わってクレジットで買った。それまで使っていたEB-420に不満があったわけではない。自分でフレットを抜いてフレットレスにしてしまったら、まともに音が取れなくなってしまった。
そのままフレットレスで練習するという選択肢もあったが、やはり慣れ親しんだフレッテッドのほうがいいということで、今ではヲタクの街になってしまった秋葉原のLaoxから買った。
当時は高校時代から続けていたバンドは解散してしまったいたから、誰かとセッションをするとかライブをするということは無くなってしまっていた。けれどやっぱりベースは止められない。そんなに上手いわけでもないのだが、ボチボチと弾き続けていた。(笑)
その後も残念ながら、このEB-720は実践投入したことが無いのだが、最近は経てきた年数のように中々いい音になってきているので、次にステージに立つことがあれば使いたいと思う。

2013年06月20日

1976/xx
GrecoEB420Gibson EB3のコピーモデルの1976年製のEB-420であるが、このモデルのコピー元のEB-3は見たことが無い。
高校に入ってすぐに、親の脛をかじって手に入れた。当時一関にはGrecoのベースを売っている楽器屋は無かったので、仙台のヤマハまで買いに行った。

guitar3いつだったか、ちょっとドレスアップをしようと思って、工業系高校に通っていた友達にボディに「火の鳥」を描いてもらった。でも、ちゃんと塗装をしたりしていないので、経年劣化し今ではこするとポロポロと火の鳥がはがれてしまう。(汗)

高3のバンド解散後に、ある先輩の使っていたフレットレスベースに憧れて、フレットを抜いてしまった。自分でやったにもかかわらず結構いい出来であった。guitar2しかし、音が取れなくなり弾くことが無くなってしまったので、残念ながら引退してしまった。
高校の3年間のバンド生活はずいぶんと楽しい思いをした。
音の良し悪しはどうだったか、よく覚えてはいないのだが、フォークからブルース、ハードロックまでこのベース1本で音を出していた。(笑)
今は実家の物置で眠っている。ひょっとすると、もうこのベースから音を出すことは無いかもしれないが、どうしても処分はできない1本である。

2013年06月16日

guitar1その昔、音楽に夢中だった頃に使っていたベースとギターだ。なぜかこのモデルとこの色が好きで、他のモデルを買わなかった。(笑)

中学生の頃に近所の同級生からギターを教えてもらった。(笑)
その頃にローカルで有名になり後にプロになった「NSP」というフォークトリオに憧れて、ギターを始める連中が多かったのだが、俺も俺にギターを教えてくれた同級生もその内の一人だ。同じクラスの友達とバンドを組もうと思った時にメンバーが4人いて、ギターをやりたかった俺はどういうわけかベースをやることになってしまった。
guitar2高校生になってロックに傾倒していった俺はなんとかベースを手に入れる。それが写真の一番右側に写ってるベース。
高校3年間はこのベースを使ったのだが、ネックをよく見ると分かる人には分かるのだろうけれど、フレットを抜いてある。いわゆるフレットレスベースにした。また、工業系の高校に通っていた友達にちょっとかっちょいいフェニックスをペイントしてもらった。
guitar3真ん中のベースは高校を卒業して、クレジットで苦労して買った物。
これは高校生の時に使っていたやつよりも、いい音が出ていたし、音のバリエーションがあった。
実はこっちのベースのほうが長く使っているのだが、一度もライブでは使ったことが無かったベースだ。
左端のギターは、学生時代に横須賀の高校生から中古で手に入れた。
ある雑誌の売買欄に出ていたのだが、雑誌が発売された次の日に早速電話を入れて買ってきた。
これらの楽器はすべて「ギブソン」のコピーモデルだが、「グレコ」という当時は国産でメジャーだったブランドの物だ。
今の楽器はどうか知らないが、当時ギブソンやフェンダーなどは高くてとても貧乏学生には手の届かない品物だった。ちなみに真ん中のモデルのギブソンの本物は高校生のときに23万円もしていた。(笑)

----------------------------------------

本体
<Bass>
Alembic Essence]
Warwick Corvette $$ 4st
Fender Japan OPB51
Greco EB-720
Greco EB-420

<Guitar>
Gibson SG '61 Reissue
Greco SG600

周辺機器
<アンプ系>
PEAVEY TOUR450+TOUR210
Ibanez Bass Amp SW20
BEHRINGER ULTRABASS BX1800
BOSS Micro Monitor MA-5

<足回り系>
BOSS ODB-3(Bass OverDrive)
ALBIT A2BPpro
BEHRINGER AMP SELECTOR AB100
BOSS TU-2(Chromatic Tuner)




2013年06月13日

<折り畳み自転車> (2007/07/17)
bike2  DOPPLE GANGERのFD-10というモデルである。
他の街に行って写真を撮るようになった。
どこか駐車場に車を停め、うろうろと歩き回りながらその街の表情を撮って歩く。最近の俺の写真の傾向である。
しかしながら、歩ける距離は時間的にも体力的にもかなりの制限がある。もう少し楽に動き回れたら広い範囲を写真に納められるだろう。
車に自転車を積めないものかと、あれこれとやってみたが26ichのマウンテンバイクはどうにもならない。それこそリアのシートでも外せば何とかなるのだろうけど、それも現実的ではない。
bike2aやっぱりコンパクトな折り畳み自転車を導入する事にしようと思い立った。そこでネットでポイントを拾うことにした。楽天のポイントやカードのポイントをかき集めて1年。やっと今年の春に念願の折り畳み自転車と交換する事ができた。(笑)
大きさは色々考えたが、やっぱり16ichにすることにした。これならデリカから他の車に乗り替えたとしてもトランクに楽々入る大きさまで折り畳むことができる。
しかし誤算だったのは、ハンドルの位置がちょっと低めでサドルを上げると、どうしても前傾姿勢になってしまう。肩から掛けるカメラバッグは前の方に回ってしまうことがある。
これは慣れと、バックの位置の工夫で何とかなるだろうと思っている。(笑)


2013年06月08日

<マウンテンバイク> (2004/04/10)
bike1 前々からマウンテンバイクが欲しいと思っていた。
本格的なものはバイクが買えてしまうぐらいに高いので、そこそこのやつでいいと思っていた。
このマウンテンバイクは丸石自転車の8000MXと言うモデルらしい。
やっぱりオークションで手に入れたのだが、ある自転車店のウインドーに飾られて旧モデルになったのを売りに出したらしく、ほとんどの新品と変らない状態で送られてきた。ただ、泥よけとライトは後から買って取りつける必要があった。
近場で写真を撮る時、ちょっと買い物をしたい時、気分転換に・・・・役立ってくれそうである。(笑)

2013年06月01日

どうやら俺には自転車と切っても切れない関係にあるらしい。(謎)
初めて自転車に乗って違う世界を走ったのは幼稚園の時である。補助車が外れ2輪だけで走り回れるようになったのも早かった。
普段は家の近所を走り回るだけだったが、ある時家からかなり離れた幼稚園まで自転車で走って行っていしまった。
おそらくそれはもう得意げに先生に見せたのではないだろうか。
その後の事は記憶に無いが、穏便に納めてくれたのだろう。(汗)

2013年05月28日

zen5G 去年あたりから携帯のミュージックプレーヤーが欲しいと思って物色していた。
iPodやiShuffleなんかも格好いいしと眺めていたのだけど、FMラジオとボイスレコーダーの機能もあるCreative Zen Micro 5GBに決めた。
ちょっと大きい感じがするけど、これぐらいが丁度いいのかもと思ってみたりする。(笑)
詰め込んである機能は今のところあまり使っていないのだけど、どうもFMがうまく受信できないのは外れってこと?
テストでボイスレコーダーも使ってみたけど、こちらはちゃんと使えるようだ。
ただ普段の生活ではあまり活用できるシチュエーションが無いんだよね。

2013年02月01日

camebag3普段使っているカメラバッグはネコの爪とぎでボロボロになってしまったのと、カメラ1台レンズ2本程度では少し大きすぎるかなぁということもあって、メインに使うカメラバッグを新調することにした。
ネットで良さそうなのを色々と探し回って、結局はロープロという事になったのだが、次はどのモデルの、どのサイズかという事で悩んだ。
ロープロの場合は同じモデルでもそれぞれにサイズの違いで展開しているので、それを間違うと収容量に不満が出てしまう。もっともウエブで選ぶのであるから、こちらの要求を完全に満たすような物を選べるとも思えないのだけど。
そういうわけで、ノバ190 AWに決めて購入した。
現物を手にして、多少の不満が無いわけでは無いが、大体思った通りのサイズなので納得することにした。
カメラバッグの場合、対外の物は中仕切りで区切りを調節できるようになっている。ベルクロの着いたクッションを移動して部屋の大きさを変えてやる。
自分もメインで使うD800とNikkor ED 28-70mm F2.8Dの組み合わせがすんなり入るように仕切りを変更した。
少し余裕があったので、他に小さめのレンズが2本入るような具合になってくれた。
当分はこのノバ190AWを使っていくことにする。

2012年10月16日

d80010年ぶり、D1H以来のやってしまったである。(汗)
今回のカメラは中古では無く、全くの新品である。それでもD1Hを購入した時よりも安くなっていたのでは無いだろうか。
と言っても、Nikonデジタル一眼のフラッグシップというモデルでは無く、いくつか下のグレードとなっている。まぁ、Nikon D800という、この辺りが自分にはちょうど良いのかも知れない。悔しいがさすがにD4シリーズには手が届くはずもない。(汗)
で、このカメラはFXフォーマットなので、ほぼ35mmのフルサイズに近いのである。つまり手持ちのレンズを有効に使えると言うことである。
まだ1枚も撮ってはいないのだけど、レンズの味というのが楽しみである。何も新しいレンズを使ってカリッと仕上げれば良いと言う物でもないだろう・・・と期待している。特に Ai AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D(IF) とマニュアルではあるが Ai Nikkor 85mm F1.4S の写りが楽しみである。
もっとも画素数が多くなっている分、手ぶれが目立ってしまうのだそうで、十分に注意して撮影しないといけない。どんな具合なのだろう。
それにしても、どうして今更の一眼レフなのだが、実は Nikon D1Hで AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) のAFが全くフォーカスしてくれなくなったのである。このレンズも自分の大好きなレンズなのだが、いつもマニュアルで撮影というのも辛い物がある。また、D1Hは中古で買ってから10年である。そろそろ引退させても良い頃だろうなぁと思い始めた所だったのである。
D1HとD800、画質が全く違うので併用すると言うことは難しいだろうなぁと思っている。そしてD1Hのバッテリー問題もあり、やはり引退させてやるべきだろうなぁ。

2011年02月06日

g12サブカメラとして使ってきたCAMEDIAに多少の不満はあるものの十分使えていた。
けれど、よんどころない事情で動画を撮れるコンパクトカメラを探していた。真っ先に候補に挙がったのはNikonのCOOLPIX P7000であったが、動画の撮れる時間に不満だった。一眼と同じNikonなのでストロボも使えるとか良いなと思ったけれど、やはりOKは出せなかった。
このCanon PowerShot G12も最初は機能説明のところで動画の録画時間を読み違えてしまっていたので、十分な時間を撮れるとは知らずに候補から外していた。
最終的に購入しようと思ったのはRICOHのGXR+S10 KITにしようと決めていた。
何かBlogでG12の動画撮影時間のことが書かれてあって、再度サイトの機能説明の所を読み直したら、なんと1時間も動画撮れると書いてあるではないか。
ということで、コンパクトカメラをあれこれと悩んでいたのだが、その所を読んだ途端にあっさりお買いあげとなったのである。(笑)
本格的はまだ10分程度しか撮影していないが、これも自分のしようには十分に耐えられる画質である。また、静止が(写真)に関しても、もちろん十分すぎる、自分が持っている一眼以上の画質の写真が撮れるので大満足なのである。
このカメラに注文を着けるとするならば、せっかくの光学ファインダーがあるのだから、露出条件とフォーカスエリアぐらいは表示させてもらいたい。その方が断然撮影しやすくなると思う。もう一つはボタンの配置で、慣れの問題もあるだろうが、カメラを構える時に変なボタンを押してしまうと言うことがしょっちゅうである。小さいボディに色々ボタンが付いているので止む得ないという所もあるのだが、もう一工夫あっても良いのかも知れない。
それでもトータルして良くできたコンパクトカメラである。(笑)


2007年07月22日

e64a99f0.jpg自転車で移動しながら撮影するのに使いやすいバッグをやっと見つけた。(笑)
Lowepro は比較的有名なメーカーだと思うのだが、一関では見たこともない。6月に仙台の某大手カメラ店に見に行った時も他の Lowepro の製品はあったのだが、このスペシャリスト85 AWは置いてなかった。
ウェストベルトとショルダーベルトの両方を使うと自転車で走っていてもずれてこず、また自転車から降りた時にはバッグを前に回せば苦労せずにカメラを取り出す事ができる。
収納量は多くはないが、自転車で移動しながらという用途にはちょうどいいぐらいである。


2007年07月21日

f349a386.jpgこの手のカメラバッグは3つ目である。
f.64 という絞り値をかざしたメーカーの SCX である。
それまでの物も割と気に入っているのだが、もっと多くの機材を収納したいと思って色々探していた。
オークションで少し前に手に入れた物だが、それほど高い金額ではなかったので納得している。結構大きくて使い勝手もいい感じであるが、あまり詰め込みすぎると重くなり過ぎ持ち歩くのには疲れてしまう。(笑)


2007年07月20日

0949036a.jpg念願のストロボ、Nikon SB-80DX である。(笑)
今まで使っていた Nikon SB-24 では、Nikon Dシリーズとの組み合わせではマニュアルで露光を決定するか、絞り優先モードで撮影するしかなかった。しかし、絞り優先モードだとうまく露光が決定できないでいたために面倒なマニュアルで撮影していた。
この Nikon SB-80DX はDシリーズ対応なので、簡単にTTL調光で撮影できてわずらわしさから解放されるのである。(笑)
ちなみにオークションで出まわってる価格とほぼ同じ価格でネット上のカメラ屋から新品を購入した。


2007年07月19日

a28d37c7.jpgFE2時代に買ったストロボだ。
あまり活躍はしていないけど、それでもやっぱり暗いところを明るくしてくれるストロボは必要と言う訳で買った。
D1Hとの組み合わせでは、うまく働いてくれない。
なので、FE2かF801との組み合わせで使う異になるのだけれど。。。

2007年07月18日

1a005562.jpgTELEPUS PRO300 である。
今まで AF Nikkor 80-200mm F2.8 に Nikon Teleconverter TC-201 2x 組み合わせてマニュアルで望遠側を引っぱっていたが、オートフォーカスで使えるコンバージョンレンズが無いかと探したら・・・あった。(笑)
ちゃんと動作することを確認。
ただ AF Nikkor 80-200mm F2.8ED が古いので動作が遅いのが気になる。
波乗りの写真でもちゃんと追いかけられるのか・・・手の方が速かったりして。(汗)

その後、70-200mm F2.8でも動作する事を確認し、実戦投入している。
画質が主レンズより落ちてしまうのは、やっぱりどうしようもないかな。

2007年07月16日

bdad88b5.jpg主レンズとカメラの間に組みつけると、主レンズの焦点距離が2倍になる。
そのかわり開放F値が2段階暗くなってしまう。
80〜200mmF2.8と組み合わせて良く使っていた。
マニュアルになってしまうが、それでも十分使いこなせるので
2倍の焦点距離は嬉しかった。(笑)


2007年07月15日

8a64370d.jpgF801をしばらく使った後、マニュアルレンズをAFで使う事ができるテレコンバーターだ。
かなり画期的だなと思ったが、F値などにいくぶんの制約があった。
これを使ってAFでピントを合わせるよりも、手でピントを合わせた方がずっと早かったりして。
実戦投入というほどのレンズでは無いなぁと感じながら、高い買い物をしたと思った。(汗)


2007年07月14日

01b1f769.jpgミラーレンズ特有のドーナツボケを撮りたくて購入。
あまり活用して無いけど、三脚立ててじっくり撮りたいなぁ。(笑)
でもやっぱり長玉は使い辛いのだ。(汗)


2007年07月13日

c934fea0.jpgううっ、またまたやってしまった。(大汗)
SIGMA AF APO 300mm F2.8 なのだが、オークションを眺めてたらちょっと古めだけど安くあるじゃないですかぁ。
このクラスのレンズはニコン純正以外でも新品は恐ろしく高いので、この出品を見た時は右手が止まらなかった。(笑)
しかし、迷いに迷って他の人が入札したら止めておこうと思ったんだが、中々誰も入札してなかったので、買うことしたのだ。
まだその威力は試してないけど、F値も明るいので波乗りにも十分使えるかも・・・。(笑)

ただねぇ、最近では焦点距離の指向性が変ったのか、
あんまり長玉の絵が欲しいと思わなくなってしまった。
ずっとしまいっぱなしになってるなぁ。(汗)

2007年07月12日

091d93cd.jpg一番最初のカメラ、FE-2と一緒に買った初めてのレンズ。
どうして200mmのマクロレンズを買ってしまったんだろう?
しかもちょっと暗めのF4のレンズ。
望遠も欲しかったし、マクロも撮りたい。。
でも、マクロレンズとしては本領発揮した使い方はできなかったなぁ。(汗)


2007年07月11日

ec455446.jpgF801を使っていた時代に買ったレンズ。
中域から望遠域までカバーするズームなので使い勝手が良かった。
ただしAFの合焦速度は重い分、遅かったなぁ。
それと直進式のズームはやっぱり辛い時もなったかな。
それでもF2.8で明るかったので、使いやすいレンズだった。
イベントではずいぶんと活躍してくれた。(笑)

2007年07月10日

af24c781.jpg今の時点では発売されて間もない AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF) である。
10年近くこの焦点域の AF Nikkor 80-200mm F2.8ED を使ってきたので、そろそろ交換したいと思っていた。
ショップから新品でオークションに出品されていて、落札した値段は大手のカメラ量販店よりも倍の値引きと同じ値段だった。
まだあまりレンズの評価をするぐらい使用してはいないのだが、絞り開放ではすばらしいボケみである。
うりはVRの名称が付いているように手ブレ防止機能が付いていることなのだが、曇りがちで光量の少ない時などは威力を発揮するだろうが、普段の撮影ではファインダー内が動いてウザイのでオフにしてある。(笑)
蛇足ではあるが Kenko TELEPUS PRO300 2x との組み合わせでも問題なく作動する事を確認している。最高400mm F5.6相当での撮影が可能だ。


2007年07月09日

b338ecd4.jpgフィルムカメラ時代に100mm前後のレンズが欲しくなった。
どうせならグッと寄れるマクロを買う事にした。
最近では特に物撮りに多用するようになったが、フィールドで花を撮っても描画はすばらしい。(笑)


2007年07月08日

80f67f01.jpgマニュアルレンズの名機 Ai Nikkor 85mm F1.4S である。
これもオークションで入手したが中古とはいえ、程度良の品物である。何枚か写してみたが、レンズの解像度も高くすばらしい写りであった。
今さらのマニュアルであるが、手持ちのカメラと組み合わせて撮影するには当然ながら露出、ピントともにマニュアルでじっくりと撮影することになる。


2007年07月07日

6cc61ac1.jpg弟から来たNIKKOR 50mm F1.4は状態があまり良くなかったので、それに替わるレンズを購入することにした。
オークションで程度がいいものを格安で手に入れることができた。
なぜ今頃 50mm のレンズ、しかもマニュアルなのだろう。このレンズは設計に無理が無く描写もすばらしい、俗に銘玉と呼ばれるものである。またデジタルでは75mm相当の画角になってしまうのだが、50mmは人間の目に一番近い画角と言われている。このレンズを使ってまたじっくりと写真を撮っていきたいと思ったからである。


2007年07月06日

5312edf1.jpg長年憧れてきた Ai AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D(IF) のライトグレーである。
色は黒でも良かったが、ちょうどオークションに出品されていたのと値段が高くならなかったので落札することができた。
某カメラ店からの出品なので安心ではあるが、本体にはAF駆動系の修理履歴があった。内部のモーターそのものを交換していることから、あまり問題にはならない。レンズにもキズはなく、メンテナンス後なので当然内部の埃も確認できるものは無い。
テストでちょっと撮ってみたが、やっぱりネット上の評価通りの写真ができあがる。抜けがいい。好みの問題もあるがカリっとしつつもしっとりとした感じ。かなりいい予感をさせてくれる。
一つだけ言うとすればレンズが SIGMA 28-70 と比べると太くなっているので、カメラバッグの中で収まりが少し悪くなってしまった。ちょっと重くもなってしまったのかな?
今まで使っていた SIGMA に代わって、俺のメインのレンズになってくれるのは間違いないだろう。


2007年07月05日

4e50b16a.jpgやはり弟に譲った焦点域のズームが欲しい。(汗)
じっくり構えるより、歩きながら気軽にスナップする時には単焦点のレンズでは苦しい場面もある。レンズを交換していては、せっかくのチャンスを逃してしますこともある。
というわけで、またオークションで SIGMA AF 28-70mm F2.8 DF EX ASPHERICAL をゲットした。
このレンズも非常に程度のいい、ほとんど新品ではないかと思うぐらいの品物だった。


2007年07月04日

4b8756fc.jpgAF NIKKOR 28mm F2.8D、ゲット。(笑)
またまたオークションで手に入れた。
弟に AF Nikkor 28-80mm F3.5-4.5 を進呈したので、俺のラインナップから広角系が無くなってしまったのを補うために手に入れた。
ヤフーでもあまり出品されることがない(見る数が少ない)レンズではないだろうか。
広角系としてはやや半端な画角なのかもしれないので、ひょっとしたら人気がないのかもしれない。
で、この俺が落札した後にレンズは出品者が発送しようと思い点検していたら、少々不具合を発見したとのことでカメラ店に修理ということになった。
しかし、そのカメラ店では保証期間内ということで、新品に交換してくれたという俺にとってはなんともラッキーなレンズなのである。


2007年07月03日

8619c7c1.jpgデジカメが流行りだした頃に某通販から購入した。
型落ちの特価品だったような気がするが、それでも楽しく写真を撮ることができた。
デジタル一眼なんて買えるとは思っても無かったから、
これで作品としての写真を撮ろうとは思わなかった。
今では鞄に必ず入っていて、一眼のサブとして、あるいは気軽に写真を撮る時に使っている。(笑)

でも、あんまり古いから買え替えてもいい時期なのかもね。(汗)


2007年07月02日

3f868d34.jpgフィルムのコストがかなり高いので、何となく写真から離れてしまっていた。
けど、これを買ったらまた写真を撮るということが楽しくなってしまった。(笑)
火を点けてれたって感じですか?(笑)

2007年07月01日

1c566f76.jpgFE2で何年か撮った後にサブカメラとして購入。
焦点距離の違うレンズを一緒に着けて持ち歩いた。
当時はマニュアルからオートフォーカスへの移行期で
あまり合焦速度は速くなく、手でやった方が速い場合も多かった。
それでも、結構便利に使うようになっていった。


2007年06月30日

57307dc9.jpg写真を撮りたいというより、カメラが欲しいなぁと思って買ったカメラだ。
当時、蕨に住んでいた弟に頼んでレンズと一緒に買ってもらった。
もちろん代金は俺が払ったけど。(笑)


とりす
なかなか納得できる一枚が撮れなくて四苦八苦してるけど、撮りためた写真をブログでもアップ。


月別アーカイブ